環境配慮型オフィス「大和ハウス岐阜ビル」環境負荷を低減するモデルオフィス

住宅や街だけでなく、商業施設や事業用施設においても環境負荷を低減するために、大和ハウスグループは「Smart-Eco Project」を推進し、自社のオフィスビルで実証実験に取り組んでいます。

自然の力を活かす「パッシブコントロール」を重視

法人のお客さま向けの建築物について、環境負荷「0(ゼロ)」(運用時のCO2排出量ゼロ)を目指す「Smart-Eco Project(スマート エコ プロジェクト)」をスタートさせ、その第1弾としてCO2排出量を最大約50%削減可能な環境配慮型のオフィス「D's SMART OFFICE(ディーズ スマート オフィス)」を2011年7月に発売しました。
そして2012年10月からは、その第4弾としてCO2排出量50%以上の削減を目指す実証実験を「大和ハウス岐阜ビル」で開始しました。同様の実証実験は「大和ハウス愛知北ビル」でも実施していますが、今回は太陽光発電や壁面緑化などの環境アイテムが設置できる多機能タイプの外装フレーム「D's フレーム」や、吹き抜け空間「エコボイド」の採用など、自然の力を活かす「パッシブコントロール」に力点を置きながら、快適性の向上を図ります。今回の実証実験で採用し、効果検証した環境配慮技術を、次世代オフィスの開発に活用していきます。

「大和ハウス岐阜ビル」南面に設置されたD'sフレーム

営業・工事などの従業員にはフリーアドレスを導入

エコボイドにより光が差し込む1階室内の天井

駐車場の緑化と電気自動車の充電スタンド

風の道を利用した「パッシブ換気」

建物の中央に1階から屋上までの吹き抜け空間「エコボイド」を設置。
各階サッシに給気口、「エコボイド」頂部に排気口を設け、自然風圧と吹き抜けの煙突効果による「風の道」を作り、自然の力で換気しています。

エコボイド頂部の排気口

岐阜ビル断面図

光の井戸を使った「太陽光追尾型採光システム」

「エコボイド」は風の道であると同時に、光の井戸でもあります。「エコボイド」最頂部に天窓を設け、その上部に光追尾センサーで季節による太陽の高度変化に対応して、常に自然光を採り入れることができる太陽光追尾型採光システムを設置。季節を問わず、自然光を1階まで採り込むことができます。

使用するエネルギーを「見える化」

事務所内のCO2排出量削減と効率的な節電のためにBEMS(ビルエネルギー管理システム)を利用してエネルギーを「見える化」しました。
また、1階リビングサロン前にはエネルギーモニターを設置し、太陽光発電パネルによる発電量と事務所内の電力使用量を「見せる化」して、環境への取り組みを伝えています。

屋上に設置した太陽光発電パネル(11.55kW)

エネルギーモニター

総務担当が、BEMSのデータを確認

生物多様性に配慮した「ビオトープ」と「屋上緑化」

敷地南側には、井戸水を利用したビオトープを設置しました。今後、ヤゴやメダカを放流する予定です。
また、4階テラスには、人工の軽量土を使用し、さまざまな樹種を植栽し、事務所景観の向上も図っています。

ビオトープ

屋上緑化

担当者の声

自社ビルの特長を活かし、BEMSを活用。

当支店では、照明エリアの細分化などによって省エネを進めていますが、1階ショールームの照明・空調の消し忘れが課題でした。そこで、最終退出者がカードキーでオフィスを施錠する際にショールームの照明・空調もオフになるよう設定した結果、電気使用量が削減できました。今後、BEMSを活用してより省エネを推進するとともに、社会貢献推進委員を中心にビオトープを利用し地域の方々と一緒に環境活動を行うことを検討しています。

岐阜支店 総務課 経理課 次長
米澤 規介

平成24年度『省エネ大賞』で「経済産業大臣賞」を受賞

~ZEB※実現を目指す自社オフィスでの「Smart-Eco Project」の推進~

2010年より、CO2排出量の半減とZEBの実現を目指すプロジェクトを始動。既存オフィスのCO2排出量は、2011年度に2005年度比34.2%削減。新築した「愛知北ビル」では、先導的な環境配慮技術の導入と「省エネ改善委員会」により、初年度のCO2排出量が1990年仕様比60.6%削減となったことが高く評価されました。

※ ZEB:創エネルギーと消費エネルギーが差し引きゼロの建物


このページの先頭へ