ステークホルダーミーティング|ステークホルダーとの対話|CSRへの取り組み|大和ハウスグループ

ステークホルダーミーティング

大和ハウス工業はステークホルダーの皆さまに積極的な情報開示を行い、対話を重ねることで社会のニーズに応えていきたいと考えています。そのため、2004年より毎年さまざまなお立場のステークホルダーにご参加いただき、ステークホルダーミーティングを開催しています。

同ミーティングでは公募でお集まりいただいたステークホルダーの方々にテーマに沿ってディスカッションをしていただき、取り組みに対するご意見をいただいています。

また、ミーティングには経営層の役員や部門長が参加するなど当社への疑問にお答えするとともに、社会の声を真摯に受け止め、活動の指針や参考にしています。

ステークホルダーミーティング

2017年

第14回:Daiwa Sakura Aidの深化に向けて

平成30年1月24日(水)、本社においてステークホルダーミーティングを開催しました。
14回目となる今回は、「Daiwa Sakura Aidの深化に向けて」をテーマに、『吉野山の桜保全活動』の本来あるべき姿や、こもどたちに桜をはじめとする“和の文化”を伝承していくために必要なことについて話し合っていただきました。

2016年

第13回:グループの総合力強化に向けて

平成29年3月1日(水)、本社においてステークホルダーミーティングを開催しました。
13回目となる今回は、「グループの総合力強化に向けて」をテーマに、大和ハウスグループが社会から必要とされる企業グループであり続けるため、グループ会社のCSR担当者にお越しいただき、『大和ハウスグループらしさ』について話し合っていただきました。

2015年

第12回:創業60周年を迎えた大和ハウス工業が将来に向けて期待される役割とは

平成28年1月28日(木)、本社においてステークホルダーミーティングを開催しました。
12回目となる今回は、「創業60周年を迎えた大和ハウス工業が将来に向けて期待される役割とは」をテーマに、当社が抽出した14の重要課題について大和ハウス工業が優先して取り組むべき課題の優先度を話し合っていただきました。当日はたくさんご意見等を頂きましたので、その内容をご紹介します。

2014年

第11回:エンドレスハートの価値を高める情報発信のあり方とは

平成27年3月13日(金)、本社においてステークホルダーミーティングを開催しました。
11回目となる今回は、「エンドレスハートの価値を高める情報発信のあり方とは」をテーマに一般公募者や企業担当者など14名のステークホルダーにお集まりいただき、皆さまから率直なご意見を頂戴しました。

2013年

第10回:「女性が活躍できる会社を目指して」

平成25年11月25日(月)、本社においてステークホルダーミーティングを開催しました。
10回目となる今回は、第4次中期経営計画における「女性管理職の育成・強化」の実現に向け、女性従業員の活躍推進をテーマに一般公募者や企業担当者など18名のステークホルダーにお集まりいただき、皆さまから率直なご意見を頂戴しました。

2012年

第9回:「大和ハウス工業が優先的に取り組むべき社会的課題の解決に向けて」

平成24年11月23日(金)、当社の本社においてステークホルダーミーティングを開催しました。
9回目となる今回は、昨年度のステークホルダーミーティングでの結果を受け、ISO26000から抽出した12の社会的課題のうち、当社が優先して取り組むべき4つの社会的課題について、当社の取り組みや考え方をご説明し、ステークホルダーの方々から率直なご意見を頂きました。
当日はたくさんのご意見等を頂きましたので、その内容をご紹介します。

2011年

第8回:「大和ハウス工業が優先的に取り組むべき社会的課題」

平成23年11月23日(水)、本社においてステークホルダーミーティングを開催しました。
8回目となる今回は、「大和ハウス工業が優先的に取り組むべき社会的課題」をテーマに、ISO26000から12の社会的課題について大和ハウス工業が優先して取り組むべき社会的課題を順位付けしていただきました。
当日はたくさんご意見等を頂きましたので、その内容をご紹介します。

2010年

第7回:「社会に支持される会社を目指して」

平成22年11月23日(火)、当社の本社においてステークホルダーミーティングを開催しました。
7回目となる今回は、「次世代のエコ住宅“エネルギー自給住宅”について」「生物多様性への取り組み(社会貢献活動・社有林活用)」「生物多様性への取り組み(木材調達基準)」の3テーマについて、当社の取り組みや考え方をご説明し、ステークホルダーの方々から率直なご意見を頂きました。
当日はたくさんご意見等を頂きましたので、その内容をご紹介します。

2009年

第6回:「社会に支持される会社を目指して」

平成21年10月27日(火)、当社の本社においてステークホルダーミーティングを開催しました。
6回目となる今回は、長期優良住宅への取り組み・持続可能な都市基盤のために・従業員のワークライフバランス社会との共創共生の4テーマについての当社の取り組みや考え方をご説明し、ステークホルダーの方々から、ありのままのご意見を頂きました。
当日はたくさんご意見等を頂きましたので、その内容をご紹介します。

2008年

第5回:「社会に支持される会社を目指して」

平成20年11月6日(木)、当社の本社においてステークホルダーミーティングを開催しました。今回は当社の重要課題・CSR自己評価指標・地球温暖化防止・社会貢献活動の4つの取り組みや考え方についてご報告し、24名のステークホルダーの方々とディスカッションを行いました。
当日は当社の取り組み等についてたくさんのご意見等を頂きましたので、その内容をご紹介します。

2007年

第4回:「社会に支持される会社を目指して」

平成19年10月30日(火)、当社の本社においてステークホルダーミーティングを開催しました。4回目となる今回は弊社の環境・社会への取り組みや考え方についてご報告し、当社従業員を交え、一般公募で募集したステークホルダーの方々とディスカッションを行いました。
当日は当社の姿勢や取り組みについて様々なご意見を頂きましたので、そのご意見と当日の様子をご紹介します。

2006年

第3回:「社会に支持される会社を目指して」

平成18年11月29日(水)、当社の本社においてステークホルダーミーティングを開催しました。
今回は弊社のCSRレポート2006へのご意見と「社会に支持される会社を目指して」を大テーマに一般公募で募集した企業担当者、NPO、学生など様々なフィールドから19名の方をお招きし、ディスカッションを行いました。

2005年

第2回:「住まいと健康」「環境・CSRの取り組み」

平成17年11月4日(金)、当社の研究拠点である総合技術研究所において、施設見学と合わせステークホルダーミーティングを開催しました。「住まいと健康」「環境・CSRの取り組み」の2点をテーマに、さまざまなステークホルダーの方々に出席いただき、それぞれの立場からのご意見をいただきました。

2004年

第1回:「施工現場でのゼロエミッションへの挑戦」

開催初年度の今回は「施工現場でのゼロエミッションへの挑戦」に焦点をあて、1,000棟以上の現場でゼロエミッションを達成している三重工場において“建設副産物工場デポ化プロジェクト”(工場デポ;P47に掲載)の現場をご覧いただきました。さまざまなステークホルダーの方に出席していただき、当社の取り組み(廃棄物削減、商品における取り組み、環境報告書など)について色々な角度からのご意見をいただきました。


このページの先頭へ