Report チャレンジド・ビジット レポート Report チャレンジド・ビジット レポート

東京都江東区立亀高小学校
×
車いすバスケットボール

※「チャレンジド・ビジット」(主催:朝日新聞社)は、東京2020公認教育プログラム(ようい、ドン!)の一つです。

※大和ハウス工業は、東京2020オフィシャルパートナー(施設建設&住宅開発)です。

教育プログラム[ようい、ドン!] 教育プログラム[ようい、ドン!]

車いすバスケットボールの激しいデ
モンストレーションに驚きと感動!
体験コーナーでは、見事にシュート
を決めた子どもも!

亀高小学校を訪れたのは、日本車いすバスケットボール連盟の4選手。このうち三宅さんは、以前パラリンピック日本代表選手も務めたトップ選手です。最初にデモンストレーションが披露され、想像以上のスピードと激しさに、4年生たちからは思わず「オーッ!」という歓声と拍手が湧き起こりました。この後、子どもたちも車いす操作の練習やチーム対抗リレー、フリースローなどに挑戦。中には見事にシュートを決めた子どももいて、体育館は笑顔に包まれていました。

「今日は一緒に楽しもう!」という三宅さんの声から始まったこの日の車いすバスケットボール体験。最後に三宅さんは、「障がいも一つの個性で、みんな同じことを知ってほしいです。みんなも失敗してもあきらめずにトライして成長していってください」と語りかけました。

車いすバスケットボールとは

コートの広さやゴールの高さをはじめ、一般のバスケットボールとゲームルールはほぼ同じ。障がいの程度によって持ち点によるクラス分けがされ、1チーム5人でコート上の合計が14.0以内になるように編成する。クラスによってできること、チーム内での役割が変わり、戦略に大きな影響を与えるのが面白みのあるところ。

アスリートからのメッセージ アスリートからのメッセージ

「みんなも夢を持って、
その実現にむかって頑張ろう!」

私は事故で車いすになりましたが、どんな状況でも夢は見つかるし、追うことはできます。東京2020パラリンピックで日本代表に選ばれるよう挑戦していきたい。みなさんも夢を持って頑張ってください!

伊藤(優)選手 (写真:左)

「障がい者は健常者と
何も変わりはないことを伝えたい」

昨年出産してママアスリートとして頑張っています。困難にぶつかってもあきらめずに前へ進むことは、障がい者にとっても健常者にとっても大切なこと。今日のような活動を通して障がい者と健常者の壁をなくしていきたいですね。

伊藤(来)選手 (写真:右)

子どもたちの声 子どもたちの声

競技用車いすは軽かったのですが、操作は思った以上に難しかったです。選手が自由に操作して、ドリブルしたりパスしたりするのを見て、本当にスゴいなと思いました。

4年生 女子

選手のプレーが格好良かったです。車いすバスケットボールは初めて知りましたが、ファンになりました。これからずっと応援します。東京2020パラリンピックでもすべての試合を見ます。

4年生 男子

とても楽しかったです。ゲームではシュートを打ちましたが、入れることはできませんでした。軽々とシュートを打つ選手はスゴいな。スピードもターンもとても迫力がありました。

4年生 男子

子どもたちの感動を伝える 「チャレンジド・ビジット新聞」 子どもたちの感動を伝える 「チャレンジド・ビジット新聞」

障がい者スポーツを体験する授業「チャレンジド・ビジット」に参加して、
これまで知らなかったさまざまな事柄に気づいた子どもたち。
その感動や驚きを、一人ひとりが絵と記事で綴った「チャレンジド・ビジット新聞」をご紹介します。

青木 理紗さん

飯島 之寛さん

井草 テオリンダ
美希子さん

池田 朝哉さん

池田 優那さん

石内 琉羽さん

石川 咲さん

石崎 伊音さん

伊勢崎 陽子さん

伊東 依真さん

伊藤 椿真さん

井上 侑空さん

猪口 海青さん

岩崎 芽衣さん

岩田 篤也さん

荏原 世仁さん

王 子宜さん

王 奈芝さん

太田 柚希さん

大嶽 一仁さん

神山 琳子さん

川島 祥吾さん

川鍋 鈴乃さん

川俣 朋也さん

金 美慧さん

合田 彩さん

小林 梨愛さん

佐藤 寿美華さん

塩田 れんかさん

塩屋 紗帆さん

篠原 美音さん

杉内 莉子さん

鈴木 まほろさん

鈴木 美咲希さん

鈴木 隆斗さん

髙科 秀治さん

髙田 舞さん

高野 晴さん

高橋 昇太郎さん

竹之内 景さん

多田 燎音さん

玉木 聖梛さん

豊田 創蒔さん

内藤 玲恩さん

中谷 大雅さん

二宮 啓太さん

箱崎 樹璃さん

橋場 心美さん

畠中 善太さん

林 絢加さん

平下 柊さん

平野 清人さん

福田 煌和さん

三森 史也さん

向原 悠真さん

宗形 夏歩さん

茂木 颯哉さん

山中 愛理さん

山中 翔矢さん

幸松 萌亜さん

吉岡 慶人さん

吉川 愛菜さん

吉田 凛空さん

米山 聖人さん

※50音順

大和ハウス工業は、グループ5社とともに「施設建設&住宅開発」のオフィシャルパートナーとして、東京2020大会を応援しています。 大和ハウス工業は、グループ5社とともに「施設建設&住宅開発」のオフィシャルパートナーとして、東京2020大会を応援しています。

私たちは、創業以来、戸建住宅から大型施設の建設まで幅広い事業領域での活動を通じて、社会とともに新たな価値を創り、活かし、高め、すべての人が心豊かに生きる暮らしと社会の実現を目指しています。

オリンピック・パラリンピック日本代表選手団ひいては日本スポーツ界を応援し、スポーツの感動を通じて皆様の心に感動を築いていくとともに、「施設建設&住宅開発」のオフィシャルパートナーとして、東京を世界に誇れる都市にするための事業活動を行うことで、東京2020大会の成功に貢献していきます。

家、そして近未来をつくる TOKYO 2020 Daiwa House TOKYO 2020 PARALYMPIC GAMES 東京2020オフィシャル施設建設&住宅開発パートナー

このページの先頭へ