Report チャレンジド・ビジット レポート Report チャレンジド・ビジット レポート

大阪府大阪市立長吉南小学校
×
ウィルチェアーラグビー

※「チャレンジド・ビジット」(主催:朝日新聞社)は、
東京2020公認教育プログラム(ようい、ドン!)の一つです。

※大和ハウス工業は、東京2020オフィシャルパートナー
(施設建設&住宅開発)です。

教育プログラム[ようい、ドン!] 教育プログラム[ようい、ドン!]

選手と子どもたちが
一体になって盛り上がる!
チャレンジの大切さと、
スポーツの楽しさが伝わった
体験授業に

長吉南小学校にはウィルチェアーラグビーのアスリート6人が訪れ、デモンストレーションゲームや車いすでのタックル体験などが行われました。デモンストレーションで見たタックルのイメージから「こわい!」という子どももいましたが、初めて体験したタックルの衝撃は子どもたちにとって忘れられない体験となりました。自由時間には、「ボッチャ」や「ブラインドサッカー」にも挑戦し、さまざまなスポーツを楽しみました。

永易選手には、「障がいのあるなしに関わらず、スポーツを一緒に楽しめること。そして、色々なことにチャレンジすると世界が広がり楽しくなっていくことを知ってほしいですね」とお話しいただき、子どもたちからはたくさんの笑顔と歓声があがりました。

ウィルチェアーラグビーとは

四肢に障がいのある人が競技用車いすに乗り、ラグビー、バスケットボール、バレーボール、アイスホッケーの要素を組み合わせたルールで競うゲーム。パスやひざの上にボールを置いてゴールへ運ぶ。試合は4対4で行われ、選手交代は自由。選手それぞれ障がいの程度で持ち点が設定され、コート上の4人の合計を定められた点数以下で編成する。

アスリートからのメッセージ アスリートからのメッセージ

「好きな道を突き進んでいく
きっかけになるといいいですね」

今日の授業で子どもたちがチャレンジの大切さを知り、この先、スポーツでも勉強でも好きな道を突き進んでいくきっかけになればいいですね。僕自身も東京2020パラリンピックへ向けて目の前の試合、大会で結果を出すために日々チャレンジを続けたいと思います。

若山選手(写真:左)

「何ごとにも積極的にチャレンジする
子どもになってほしい」

僕はこの長吉南小学校と同じ平野区内に住んでいます。地元の小学生とふれあうことができて今日はとても楽しかったです。障がい者の競技も工夫し協力すると色々なことができます。みんなにもこの先、積極的にチャレンジするようになってほしいです。

崎山選手(写真:右)

子どもたちの声 子どもたちの声

ウィルチェアーラグビーのゲームを初めて見ましたが、スピードとタックルの衝撃がすごかった。でもそのタックルを実際に体験できて嬉しかったです。

5年生 女子

競技用の車いすの操作は、少し慣れると思ったように進むことができました。また現役選手のタックルも受けることができて、その強さが分かりました。こういう体験ができてとても良かったです。

5年生 男子

子どもたちの感動を伝える 「チャレンジド・ビジット新聞」 子どもたちの感動を伝える 「チャレンジド・ビジット新聞」

障がい者スポーツを体験する授業「チャレンジド・ビジット」に参加して、
これまで知らなかったさまざまな事柄に気づいた子どもたち。
その感動や驚きを、一人ひとりが絵と記事で綴った「チャレンジド・ビジット新聞」をご紹介します。

赤尾 誠弥さん

有留 野乃花さん

伊久美 恵汰さん

稲岡 未未さん

形岡 晃太さん

加統 すずさん

川崎 海莉さん

酒井 凪知さん

坂本 蒼威さん

椎葉 翼さん

末政 昊誠さん

杦山 曹太さん

鈴木 旭さん

鈴木 杏さん

髙松 心尋さん

髙山 寅二朗さん

竹村 有紗さん

泊野 至恩さん

豊島 健太さん

長谷田 ほのかさん

濱田 穂花さん

林 安希さん

林 七々恵さん

福田 ともきさん

前田 心寧さん

三好 杏華さん

本井 投麿さん

山川 一成さん

山田 くれあさん

山本 優花さん

山本 結月さん

池内 颯海さん

泉 玲央さん

伊藤 七海さん

上田 星哉さん

堅山 幸太さん

勝間 ほのかさん

木下 尚大さん

木下 夢々さん

小池 翔介さん

迫田 未愛さん

杉岡 諒さん

関 華音さん

谷 悠花さん

富久 明莉さん

中川 楓介さん

南崎 滉生さん

林 真由さん

福島 葵さん

藤原 歩夢さん

藤原 啓介さん

松田 那々子さん

水本 冴輔さん

宮内 良菜さん

宮園 駿さん

村田 夢斗さん

矢富 蓮さん

吉野 響さん

渡邊 菜摘さん

※50音順

大和ハウス工業は、グループ5社とともに「施設建設&住宅開発」のオフィシャルパートナーとして、東京2020大会を応援しています。 大和ハウス工業は、グループ5社とともに「施設建設&住宅開発」のオフィシャルパートナーとして、東京2020大会を応援しています。

私たちは、創業以来、戸建住宅から大型施設の建設まで幅広い事業領域での活動を通じて、社会とともに新たな価値を創り、活かし、高め、すべての人が心豊かに生きる暮らしと社会の実現を目指しています。

オリンピック・パラリンピック日本代表選手団ひいては日本スポーツ界を応援し、スポーツの感動を通じて皆様の心に感動を築いていくとともに、「施設建設&住宅開発」のオフィシャルパートナーとして、東京を世界に誇れる都市にするための事業活動を行うことで、東京2020大会の成功に貢献していきます。

家、そして近未来をつくる TOKYO 2020 Daiwa House TOKYO 2020 PARALYMPIC GAMES 東京2020オフィシャル施設建設&住宅開発パートナー

このページの先頭へ