Report チャレンジド・ビジット レポート Report チャレンジド・ビジット レポート

宮城県仙台市立上愛子小学校
×
ブラインドサッカー

※「チャレンジド・ビジット」(主催:朝日新聞社)は、東京2020公認教育プログラム(ようい、ドン!)の一つです。

※大和ハウス工業は、東京2020オフィシャルパートナー(施設建設&住宅開発)です。

教育プログラム[ようい、ドン!] 教育プログラム[ようい、ドン!]

ガイドとのコミュニケーションが
プレーの鍵!
アイマスクをつけて体を動かす
未知の体験に挑戦!

上愛子小学校には、日本ブラインドサッカー協会の佐藤豪さんと日本代表の加藤健人選手が訪れました。佐藤さんのガイドで、加藤選手がドリブル、パス、シュートを披露すると、俊敏で見事なコントロールに、子どもたちから大きな歓声が上がりました。さらに、アイマスクをつけたパス体験では、その難しさや楽しさを子どもたちに身を持って経験してもらいました。

東京2020パラリンピックへ向けて挑戦を続ける加藤選手。始めたときには上手くいかなかったブラインドサッカーで、日本代表になれた経験を通して得た、「何ごとも始めなければ始まらない」というメッセージが、子どもたちの心に強く響きました。

ブラインドサッカーとは

フットサルと同じ20m×40mのピッチで、フィールドプレーヤー4人、ゴールキーパー1人で、20分ハーフで試合をする。位置が分かりやすいように、ボールは転がると音が鳴り、目の見える「ガイド」「ゴールキーパー」が攻守の指示を出す。試合中の選手にとって頼りとなるのがガイドの「声」。観客の想像を超え、ピッチを自由に駆け巡る、迫力あるプレイを見ることができる。

アスリートからのメッセージ アスリートからのメッセージ

「日常生活でも伝えることの大切さを理解してほしいです」

ブラインドサッカーではガイドの声が大切ですが、今日の体験を通してコミュニケーション、伝えることの大切さを分かってもらえたらと思います。それは目が見える、見えない関係なく大切で、今後の生活に活かせることです。またブラインドサッカーはアイマスクをつけることで誰でも同じ条件で参加できるスポーツなので、多くの人に興味を持ってもらいこれからも楽しんでほしいです。

加藤選手

子どもたちの声 子どもたちの声

目が見えない状態は、ふだん分からない感覚なので、動くことがコワかったです。加藤選手はこんな大変な状態でサッカーをしているんだと実感して、すごいなと思いました。

4年生 男子

最初は歩くのもむずかしかったけれど、少しずつ慣れて、友だちの合図通りキックしたら真っすぐに蹴れました。嬉しかった。これからブラインドサッカーを応援したいと思います。

5年生 男子

目が見えなくてスポーツすることは想像できませんでした。でも少しプレーをさせてもらい、努力と協力で不可能はなくなると思いました。今日はとても良い体験ができました。

6年生 女子

子どもたちの感動を伝える 「チャレンジド・ビジット新聞」 子どもたちの感動を伝える 「チャレンジド・ビジット新聞」

障がい者スポーツを体験する授業「チャレンジド・ビジット」に参加して、
これまで知らなかったさまざまな事柄に気づいた子どもたち。
その感動や驚きを、一人ひとりが絵と記事で綴った「チャレンジド・ビジット新聞」をご紹介します。

相澤 成心さん

石垣 瑞姫さん

板垣 恵哉さん

大岩 愛佳さん

岡本 光永さん

小野寺 詩さん

折笠 叶恋さん

片桐 拓海さん

橘井 和眞さん

橘井 涼音さん

工藤 光希子さん

黒須 健斗さん

小舘 楓雅さん

小松澤 飛雲さん

佐伯 陽音さん

佐藤 楓真さん

佐藤 大雅さん

佐藤 椿姫さん

佐藤 夕希菜さん

志賀 光之助さん

柴田 琳生さん

庄子 愛芽さん

庄子 志響さん

庄子 大樹さん

庄子 捺葵さん

庄子 結菜さん

庄子 悠芽さん

菅澤 幸睦さん

菅原 紗那さん

関本 美里さん

仙石 雅泰さん

髙澤 優奈さん

滝口 智仁さん

滝口 やまとさん

田中 佐和さん

千葉 優里果さん

富田 翔也さん

早坂 愛菜さん

早坂 栞里さん

早坂 匠未さん

早坂 和さん

早坂 美咲さん

原澤 優陽さん

笛 恭惺さん

本橋 菜々花さん

横山 誠さん

結城 七海 さん

※50音順

大和ハウス工業は、グループ5社とともに「施設建設&住宅開発」のオフィシャルパートナーとして、東京2020大会を応援しています。 大和ハウス工業は、グループ5社とともに「施設建設&住宅開発」のオフィシャルパートナーとして、東京2020大会を応援しています。

私たちは、創業以来、戸建住宅から大型施設の建設まで幅広い事業領域での活動を通じて、社会とともに新たな価値を創り、活かし、高め、すべての人が心豊かに生きる暮らしと社会の実現を目指しています。

オリンピック・パラリンピック日本代表選手団ひいては日本スポーツ界を応援し、スポーツの感動を通じて皆様の心に感動を築いていくとともに、「施設建設&住宅開発」のオフィシャルパートナーとして、東京を世界に誇れる都市にするための事業活動を行うことで、東京2020大会の成功に貢献していきます。

家、そして近未来をつくる TOKYO 2020 Daiwa House TOKYO 2020 PARALYMPIC GAMES 東京2020オフィシャル施設建設&住宅開発パートナー

このページの先頭へ