Report チャレンジド・ビジット レポート Report チャレンジド・ビジット レポート

神奈川県横浜市立神奈川小学校
×
車いすラグビー

※「チャレンジド・ビジット」(主催:朝日新聞社)は、東京2020公認教育プログラム(ようい、ドン!)の一つです。

※大和ハウス工業は、東京2020オフィシャルパートナー(施設建設&住宅開発)です。

教育プログラム[ようい、ドン!] 教育プログラム[ようい、ドン!]

初めての車いすラグビー
体験を通して
挑戦や共生、思いやりの大切さ
を学ぶ!

今回、車いすラグビーの6選手が訪れたのは横浜市立神奈川小学校。体育館に集まった5年生たちは、最初のデモンストレーションから興味津々の様子です。続いてミニゲームが始まり、激しいタックルプレーや競技用車いすがぶつかるシーンが続出。子どもたちは「ワーッ!」と驚きの声を上げていました。体験コーナーでは、車いすを走らせたり、タックルを受けたりと、何もかもが初めての体験。最初は怖そうでしたが、終わるころにはどの子どもも笑顔があふれていました。

この日、貴重な障がい者スポーツ体験を通して、挑戦することや共生していくことの大切さ、他人への思いやりなどを学んだ5年生たち。最後に、選手代表の峰島さんは「今後、みなさんが勉強やスポーツで壁にぶつかっても、今日のことを思い出して、困難に挑戦してください」とメッセージを贈りました。

車いすラグビーとは

四肢に障がいがある人が競技用車いすに乗り、ラグビー、バスケットボール、バレーボール、アイスホッケーの要素を組み合わせたルールで戦う4人制の競技。ボールをひざの上に置いたりパスを出したりしながらゴールを狙う。交代は自由だが、選手には障がいの程度に応じた持ち点があり、コート上の4人の総計が規定の点数を超えない編成で戦う。男女が同じコートに立つ。

アスリートからのメッセージ アスリートからのメッセージ

「一つのスポーツとして
興味をもってもらえたら嬉しいです」

車いすラグビーを一つのスポーツとして見てもらいたいと思っています。今日の体験を通して、子どもたちが面白いと思い、興味をもってもらえるといいですね。タックル体験で楽しそうな表情が印象的でした。これからの目標は、女子選手は国内にはまだ少ないのですが、チームとしても頑張り、また代表入りも目指して練習を頑張っていきます。

月村選手 (写真:左)

「次はぜひ試合を見にきて、
応援してください!」

競技用車いすはタイヤが「ハ」の字になって、普通の車いすより操作が難しいのですが、選手は手の障がいがあるなかでも、上手く操作していることを実感してもらえたと思います。今日は体験に参加したみなさんに車いすラグビーを知ってもらえて良かったです。今後みなさんが試合を見にきて、応援してくれたらもっと嬉しいです。

小川選手 (写真:右)

子どもたちの声 子どもたちの声

ミニゲームでは、車いすがこわれてしまうと思うくらいタックルでぶつかって、とても迫力があって驚きました。自分で操作してみて、選手たちがクルっと回ったり、素早く向きを変えたりするのがむずかしいことなんだと分かりました。

5年生 女子

タックル体験がとても面白かったです。自由体験の時間も参加してまたタックルを受けました。あのタックルを試合中に何度も受けながらプレーするなんてスゴいな、と思いました。

5年生 男子

車いすラグビーを初めて知りました。ぶつかり合うので最初はコワかったけれど、見ていてだんだん面白くなりました。東京2020パラリンピックでも応援します!

5年生 男子

選手からタックルを受けるとき、すごく緊張しました。「弱め」のタックルをお願いしましたが、終わったら楽しくて「強め」でお願いすれば良かったと思いました。

5年生 女子

子どもたちの感動を伝える 「チャレンジド・ビジット新聞」 子どもたちの感動を伝える 「チャレンジド・ビジット新聞」

障がい者スポーツを体験する授業「チャレンジド・ビジット」に参加して、
これまで知らなかったさまざまな事柄に気づいた子どもたち。
その感動や驚きを、一人ひとりが絵と記事で綴った「チャレンジド・ビジット新聞」をご紹介します。

安部 磨理奈さん

荒井 湊さん

猪狩 琢基さん

石澤 路加さん

岩﨑 鈴蘭さん

恵藤 邦仁さん

海老名 隼輔さん

江守 真樹志さん

大塚 優祐さん

大沼 未実さん

岡 紘未さん

岡本 奏多さん

岡本 桜実さん

岡本 理沙さん

小川 明璃さん

小澤 日菜さん

小田島 健太さん

落合 星空さん

小野 和葉さん

河村 俐乃さん

岸本 風音さん

小久保 心綺さん

後藤田 真衣さん

小林 暖人さん

斉藤 絢夢さん

佐々木 香音さん

佐藤 開翔さん

佐藤 咲空さん

佐藤 碧栄さん

佐藤 優梨菜さん

椎名 柚さん

嶋田 葉さん

首藤 優斗さん

菅井 龍真さん

菅原 礼名さん

鈴木 杏さん

鈴木 理紗さん

髙島 一樹さん

髙橋 花音さん

高橋 健人さん

髙橋 昌希さん

高橋 佳聖さん

田﨑 柊さん

田中 晄喜さん

田那辺 駿介さん

中條 楓さん

千代 倖大さん

陳 麟さん

土本 凪紗さん

堤 恵佑さん

登内 琉雅さん

中嶌 稿明さん

中嶌 澪さん

中島 隆之介さん

中津川 花純さん

中浜 稜耶さん

中村 淳司さん

羽村 萌菜さん

樋口 諄さん

樋口 凛音さん

肥田 千鶴さん

藤原 澪さん

古谷 拓海さん

古屋 陽太さん

細野 愛純さん

細谷 美月さん

本多 巧武さん

前島 結桜さん

増田 梨沙さん

松尾 泉さん

松下 未來さん

松山 莉子さん

水上 愛理さん

水上 晴喜さん

水野 航平さん

三橋 ちぇりさん

三原 碧和さん

恵 夏帆さん

望月 佑粋さん

八木 美思さん

安原 煌心さん

矢野 実優さん

山崎 悠吾さん

山長 蓮さん

吉田 彩花さん

吉田 侑生さん

渡邊 詩乃さん

渡邉 聖也さん

渡辺 貴来さん

渡 優雄志さん

※50音順

大和ハウス工業は、グループ5社とともに「施設建設&住宅開発」のオフィシャルパートナーとして、東京2020大会を応援しています。 大和ハウス工業は、グループ5社とともに「施設建設&住宅開発」のオフィシャルパートナーとして、東京2020大会を応援しています。

私たちは、創業以来、戸建住宅から大型施設の建設まで幅広い事業領域での活動を通じて、社会とともに新たな価値を創り、活かし、高め、すべての人が心豊かに生きる暮らしと社会の実現を目指しています。

オリンピック・パラリンピック日本代表選手団ひいては日本スポーツ界を応援し、スポーツの感動を通じて皆様の心に感動を築いていくとともに、「施設建設&住宅開発」のオフィシャルパートナーとして、東京を世界に誇れる都市にするための事業活動を行うことで、東京2020大会の成功に貢献していきます。

家、そして近未来をつくる TOKYO 2020 Daiwa House TOKYO 2020 PARALYMPIC GAMES 東京2020オフィシャル施設建設&住宅開発パートナー

このページの先頭へ