Report チャレンジド・ビジット レポート Report チャレンジド・ビジット レポート

福岡県久留米市立長門石小学校
×
ブラインドサッカー

※「チャレンジド・ビジット」(主催:朝日新聞社)は、
東京2020公認教育プログラム(ようい、ドン!)の一つです。

※大和ハウス工業は、東京2020オフィシャルパートナー
(施設建設&住宅開発)です。

教育プログラム[ようい、ドン!] 教育プログラム[ようい、ドン!]

ブラインドサッカーを体験!
相手を思いやる気持ち、
そしてそれを行動にうつすことの
大切さを学ぶひとときに

長門石小学校には日本ブラインドサッカー協会の大坪英太さんとブラインドサッカーチームの草野剛選手が訪れました。デモンストレーションでは、ガイド役の大坪さんと草野選手のまるで目が見えているかような連携プレーに、子どもたちからは驚きの声とともに拍手がわき起こりました。アイマスクをつけて体を動かす未知の世界に、最初は戸惑っていた子どもたちも次第に夢中になっていきました。

最後に草野選手から、競技におけるガイドの声の大切さを通して、普段の生活でも視覚障がい者への声がけをしてもらえるように呼びかけました。

ブラインドサッカーとは

フットサルと同じ20m×40mのピッチで、フィールドプレーヤー4人、ゴールキーバー1人で、20分ハーフで試合をする。位置が分かりやすいように、ボールは転がると音が鳴り、目の見える「ガイド」「ゴールキーパー」が攻守の指示を出す。試合中の選手にとって頼りとなるのがガイドの「声」。観客の想像を超え、ピッチを自由に駆け巡る、迫力あるプレイを見ることができる。

アスリートからのメッセージ アスリートからのメッセージ

「あきらめないで努力することの
大切さを伝えたいと思いました」

障がい者スポーツの体験から、なにごとも工夫することでできるようになる、困難も乗り越えられることが伝わるといいですね。僕自身はブラインドサッカーを続けていくこと、そしてチームの全国大会優勝、チーム内から日本代表を輩出することを目指して頑張っていきます。

草野選手

子どもたちの声 子どもたちの声

ブラインドサッカーは普段僕がやっているサッカーとは全然違いました。声を頼りに協力しないとプレーできません。それでもうまく蹴ることができてみんなからナイス!と言われて嬉しかったです。

4年生 男子

アイマスクをすると何も見えなくなって、方向も分からなくなります。ガイドの人が指示してくれたので動けました。ガイドがいなくてはできないスポーツだと実感しました。

4年生 女子

ガイド役になったとき、目が見えない状態の選手にどう伝えれば動きやすいか考えて声をかけました。私の指示通りまっすぐキックしてもらたときは「やった!」と思いました。

4年生 女子

子どもたちの感動を伝える 「チャレンジド・ビジット新聞」 子どもたちの感動を伝える 「チャレンジド・ビジット新聞」

障がい者スポーツを体験する授業「チャレンジド・ビジット」に参加して、
これまで知らなかったさまざまな事柄に気づいた子どもたち。
その感動や驚きを、一人ひとりが絵と記事で綴った「チャレンジド・ビジット新聞」をご紹介します。

※50音順

大和ハウス工業は、グループ5社とともに「施設建設&住宅開発」のオフィシャルパートナーとして、東京2020大会を応援しています。 大和ハウス工業は、グループ5社とともに「施設建設&住宅開発」のオフィシャルパートナーとして、東京2020大会を応援しています。

私たちは、創業以来、戸建住宅から大型施設の建設まで幅広い事業領域での活動を通じて、社会とともに新たな価値を創り、活かし、高め、すべての人が心豊かに生きる暮らしと社会の実現を目指しています。

オリンピック・パラリンピック日本代表選手団ひいては日本スポーツ界を応援し、スポーツの感動を通じて皆様の心に感動を築いていくとともに、「施設建設&住宅開発」のオフィシャルパートナーとして、東京を世界に誇れる都市にするための事業活動を行うことで、東京2020大会の成功に貢献していきます。

家、そして近未来をつくる TOKYO 2020 Daiwa House TOKYO 2020 PARALYMPIC GAMES 東京2020オフィシャル施設建設&住宅開発パートナー

このページの先頭へ