Report チャレンジド・ビジット レポート Report チャレンジド・ビジット レポート

愛知県名古屋市立白金小学校
×
車いすバスケットボール

※「チャレンジド・ビジット」(主催:朝日新聞社)は、
東京2020公認教育プログラム(ようい、ドン!)の一つです。

※大和ハウス工業は、東京2020オフィシャルパートナー
(施設建設&住宅開発)です。

教育プログラム[ようい、ドン!] 教育プログラム[ようい、ドン!]

スピード、パワー、テクニックが
発揮される華麗なプレーの連続。
衝突シーンの衝撃音を目の前で体感!

白金小学校では、障がい者スポーツで最も競技人口が多い車いすバスケットボールをテーマに開催され、日本車いすバスケットボール連盟の三宅克己さんと名古屋の強豪チームから3人の選手たちが参加しました。試合中の衝突シーンの再現には興奮した様子で子どもたちも拍手喝采。ミニゲームでは、選手チームとも対戦し、子どもたちは選手を相手に奮闘し、大きな盛り上がりとともに、選手たちのスゴさを体感しました。

最後に三宅さんは、交通事故で投げやりになった過去から車いすバスケットボールとの出会いを通して感じたことを、「みんな一人ひとりに可能性があります。失敗を繰り返したとしても、一つ成長するとそれが喜びに変わって頑張ろうと思えます。あきらめずにチャレンジしてください」といったメッセージとして、子どもたちに贈りました。

車いすバスケットボールとは

コートの広さやゴールの高さをはじめ、一般のバスケットボールとゲームルールはほぼ同じ。障がいの程度によって持ち点によるクラス分けがされ、1チーム5人でコート上の合計が14.0以内になるように編成する。クラスによってできること、チーム内での役割が変わり、戦略に大きな影響を与えるのが面白みのあるところ。

アスリートからのメッセージ アスリートからのメッセージ

「障がい者スポーツを通して
共生の意識が育まれると思います」

今日の体験から車いすバスケの楽しさやむずかしさを多くの人に広めてもらえたらいいですね。また車いすに乗っている障がい者でも、こんなに元気なんだということが分かれば、子どもたちの心に自然に伝わるものがあると思います。

加藤選手(写真:左)

「みんなに呼びかけたように
自分も日々チャレンジしていきます」

テレビなどでも取り上げられることがあるので、ひと昔前と比べて車いすバスケの認知度は高くなっていますが、東京2020へ向けてもっと盛り上がっていきたいですね。今日のようなふれあいはとても楽しいです。僕も目の前の大会に向けてチャレンジを続けます。

竹中選手(写真:右)

子どもたちの声 子どもたちの声

事故にあっても車いすでスポーツを続けて、今も目標に向かって頑張っていることがスゴいなと思いました。プレーは速くてとても格好よかったです。

4年生 女子

すごく楽しかったです。ミニゲームでシュートチャンスがあって思いきりシュートを打ちましたが決められなくて残念!もっと長くゲームを続けたかったです。

5年生 男子

ゲームをやってみると選手の動きの速さや、プレーのスゴさがよく分かりました。腕がパンパンになって疲れてしまうし、上半身だけでシュートを打つのはむずかしかった。

6年生 男子

子どもたちの感動を伝える 「チャレンジド・ビジット新聞」 子どもたちの感動を伝える 「チャレンジド・ビジット新聞」

障がい者スポーツを体験する授業「チャレンジド・ビジット」に参加して、
これまで知らなかったさまざまな事柄に気づいた子どもたち。
その感動や驚きを、一人ひとりが絵と記事で綴った「チャレンジド・ビジット新聞」をご紹介します。

アクナ エイドリアン
カイルさん

浅井 咲樹さん

浅井 結愛さん

安藤 実希さん

出雲 雪菜さん

伊庭 凛星さん

今井 杏奈さん

今井 千愛さん

今井 翔愛さん

上里 琉之助さん

上戸 蒼太さん

臼井 はるなさん

遠藤 ななかさん

遠藤 ひなたさん

大槻 樂さん

小川 彩々さん

加賀 美咲さん

加藤 優和さん

鬼頭 宙良さん

久世 優埜さん

久世 ゆらさん

國金 ここなさん

黒川 成都美さん

粉川 隼斗さん

小島 耀斗さん

小西 純平さん

近藤 心温さん

酒井 幸大さん

佐藤 巧都さん

佐原 竜斗さん

鈴木 勇駕さん

仙敷 蒼空さん

髙木 彩未さん

高橋 隆太郎さん

竹田 匠汰さん

豊田 希望さん

中根 真太郎さん

中根 大和さん

中野 敬介さん

中野 想大さん

中原 晴空さん

中村 悠乃さん

永森 虹光さん

西川 怜佑さん

西田 ゆいさん

丹羽 秀太さん

服部 拓翔さん

花井 朔也さん

林 賢汰さん

林 倖晴さん

原 侑正さん

日比野 秋さん

藤井 由奈さん

藤波 和華さん

松本 駿さん

松山 凱さん

水谷 駿作さん

水谷 空来さん

南 将吾さん

宮田 梨世さん

山本 剛生さん

※50音順

大和ハウス工業は、グループ5社とともに「施設建設&住宅開発」のオフィシャルパートナーとして、東京2020大会を応援しています。 大和ハウス工業は、グループ5社とともに「施設建設&住宅開発」のオフィシャルパートナーとして、東京2020大会を応援しています。

私たちは、創業以来、戸建住宅から大型施設の建設まで幅広い事業領域での活動を通じて、社会とともに新たな価値を創り、活かし、高め、すべての人が心豊かに生きる暮らしと社会の実現を目指しています。

オリンピック・パラリンピック日本代表選手団ひいては日本スポーツ界を応援し、スポーツの感動を通じて皆様の心に感動を築いていくとともに、「施設建設&住宅開発」のオフィシャルパートナーとして、東京を世界に誇れる都市にするための事業活動を行うことで、東京2020大会の成功に貢献していきます。

家、そして近未来をつくる TOKYO 2020 Daiwa House TOKYO 2020 PARALYMPIC GAMES 東京2020オフィシャル施設建設&住宅開発パートナー

このページの先頭へ