キッザニア東京

当社は、2006年10月オープンの「キッザニア東京」より出展し、2016年3月にリニューアルいたしました。
今回は、こどもたちには「大工」になってもらい、住む人の要望に合わせた2階建ての住宅を協力しながら完成させていく内容となっております。このパビリオンでの体験を通じて、次代を担う多くのこどもたちに、広く住まいに対する夢やあこがれを抱いていただき、豊かな創造力と柔軟な思考力を育むだけでなく、仕事の面白さや達成感を伝えていきます。

職業体験の内容 住宅建築現場「大工」

「大工」の職業体験内容は、最大10名のこどもたちが「外壁工事」、「バルコニー工事」、「庭工事」の3チームに分かれ、住む人の要望に合わせた2階建ての住宅を協力しながら完成させるものです。
仲間と力を合わせて大きな家を完成させましょう!

「住宅建築現場」アクティビティ内容ムービー

職業体験の流れ

(1)住宅建築現場での仕事内容について
説明を聞く

住む人に合わせた特徴的な住宅を大工として建てていくにあたり、まずはスタッフから「お客さまの依頼」に関する説明を聞きます。
「夢の家」建築のスタートです。

(2)各チームで役割ごとの計画を考える

・外壁工事チーム

計画図を確認し、工事の段取りを話し合います。
壁パネルを決められた柱に取り付けていきます。
できあがった壁にテーマにあわせた装飾を行います。

・庭工事チーム

計画図を確認し、工事の段取りを話し合います。
壁の下地を組立てて装飾パネル/装飾物を取付けます。
床パネルを配置して、固定させます。

・バルコニー工事チーム

1Fで計画に必要な部材を荷上げリフトにセットします。
荷上げリフトが2Fに上がりきるのを確認します。
2Fバルコニーに移動します。
荷上げリフトから下ろします。
バルコニーの柵の装飾工事をします。

(3)完成報告

各チームごとに安全確認、そして全員集合してお仕事の完成報告を行います。
その後、完成した「夢の家」の前で竣工写真を撮り、スタッフから給料(キッゾ)を受け取って終了です。



このページの先頭へ