2015/04/06  『Daiwa Sakura Aid チャリティーコンサート』を渋谷・オーチャードホールで実施

2015年3月30日(月)に、東京・渋谷のBunkamuraオーチャードホールにてDaiwa Sakura Aidチャリティーコンサートを行いました。

Daiwa Sakura Aidは、「吉野山の桜保全活動」とこどもたちに日本文化の素晴らしさや美しさ、自然環境の大切さに伝える「桜プロジェクト」という2つの活動を通じて、「日本が大切にしてきた素晴らしい和の心」を次世代へつないでいく活動です。

吉野山の山桜は、環境の変化、樹木の衰えなどにより危機的な状況を迎えています。この桜を守り続けていくために、当社活動に賛同してくださるアーティストの方々と、チャリティーコンサートを行っています。

桜保全活動の募金を呼びかけるスタッフ

今回のチャリティーコンサートには、GONTITI / 佐藤 竹善/ ジュスカ・グランペール/Skoop On Somebody / DEPAPEPE(50音順)の5組のアーティストが参画してくださいました。

アーティストの皆さんは、心に響く音色で私たちを魅了してくれるだけでなく、それぞれ桜にまつわる思い出や、Daiwa Sakura Aidの活動に関してお話をしてくださいました。

お客さまの中には、初めて桜の現状を知られた方や、アーティストの歌に惹きつけられ、思わず涙を流す方もいらっしゃいました。

チャリティーコンサート会場の様子

当日は1,300名を超えるお客さまにご来場いただき、活動の主旨に賛同した皆さまより合計229,700円の桜保全募金をいただきました。また、募金をされた方には、当社発行の冊子『さくら』と吉野山の桜風景をモチーフにしたクリアファイルを差し上げました。

当社では、引続き吉野山の桜保全活動を続けていくと共に、チャリティーコンサートなどを中心としたイベントを通じて、皆さまと協力して桜の保全活動に取り組んでいきます。

満開になると、吉野山一面が桜色に染まります



このページの先頭へ