2014/03/13  ドリカムスクール 京都市立下鴨中学校の発表会に参加 - 大和ハウス工業 京都支店 -

大和ハウス工業 京都支店は、NPO法人JAE、京都市立下鴨中学校と共同で実施した授業(ドリカムスクール※1)の校内発表会に参加しました。
昨年12月から「安全・安心な住まい」をテーマに、生徒達がグループに分かれポスターを作成するという課題に取り組んでおり、今回の校内発表会ではその成果を先生や大和ハウス工業の社員、保護者へ発表しました。

  1. ※1 「社会で活躍する大人との交流」と「本物の仕事体験」を通じて、「夢や目標に向って自ら考え行動する人材の輩出」を目的としたキャリア教育プログラム。

真剣に当社社員の説明を聞く生徒達

今回の取り組みでは、防災、防犯、ユニバーサルデザイン、間取りの4つのテーマについて、当社社員が授業の中で説明した住宅の知識や住まい方などを活かしてグループごとに発表内容を決定するジグソー学習※2を試みました。
今回の発表に向け、京都支店の社員は数回にわたって学校を訪問し、生徒の質問に答えたり、プレゼンテーションのアドバイスをするなど、社員が業務で培った知識や経験を生徒へ伝えました。

  1. ※2 ジグソー学習とは、あるテーマについてグループに分かれて学習し、自分なりの説明を互いに交換し、知識を統合してテーマ全体の課題を解く学習方法。

当社社員が生徒にアドバイスをしている様子

発表当日は、4クラス36グループの生徒たちが作成したポスターを堂々と発表する姿が見られました。
生徒達がドリカムスクールを通じて、論理的な思考や表現力を身に付けること、また、先生や保護者以外の大人と出会い、対話することで、働くことについて新たな気付きが得られるように、当社は今後も専門知識を活かして、持続的に次世代教育に取り組んでいきます。

発表会の様子



このページの先頭へ