2014/01/20  フィリピン台風災害に対する支援金へ寄付 - 大和ハウスグループ -

2013年11月に390万人の被災者を出したフィリピン台風災害に対し、大和ハウスグループでは従業員からの支援金を中心に10,000,000円を寄付しました。

当社グループでは世界各地で自然災害による甚大な被害が起きた際、社会的責任の見地から全従業員を対象に支援金を募っています。
また、災害規模に応じて従業員から寄せられた金額に会社が上乗せ寄付をするマッチングギフトを行っています。
今回寄せられた募金はマッチングギフトを含め、10,000,000円となり、1月20日にNPO法人ジャパン・プラットフォーム※へ寄付しました。

写真はNPO法人ジャパン・プラットフォームが被災地で活動する様子です。

※NPO法人ジャパン・プラットフォーム:NGO、経済界、政府が対等なパートナーシップのもと、三者一体となり、それぞれの特性・資源を生かし協力・連携して、難民発生や自然災害時の緊急援助をより効率的かつ迅速におこなうことを目的に活動する団体。

支援物資の配布の様子©PWJ/JPF



このページの先頭へ