2013/05/05  農園での植樹と児童福祉施設訪問 - ダイワハウスベトナム -

5月2日~5日、当社社員3名がベトナム・バンメトートにあるNIKONIKO YASAI農園を訪問しました。
この農園では、農園経営者の日本人、塩川実さんが、工業化が進むベトナム農業において、「無農薬の野菜を少しでもたくさんの人に食べてほしい」という思いから、無農薬の野菜を生産販売することに挑戦されています。
異国で果敢に夢を追いかける日本人がいると聞いて、ぜひお会いしてお手伝いがしたいという思いで訪問し、カシューナッツやマカダミアンナッツの苗を植えるお手伝いをしました。苗を植えるための穴掘りからすべて手作業で行い大変でしたが、充実した一日を過ごすことができました。

農園スタッフの方々と当社社員

また、翌日は塩川さんに随行し、塩川さんが経営する農園が併設されている児童福祉施設を訪問しました。ここではさまざまな事情から親元で生活ができないこども達が共同生活を送っており、農園で育った野菜をみんなで収穫し、食事にすることで職業訓練や食育にもつながっています。
施設に入ると、こども達が歌をうたって温かく迎えてくれ、持参した折り紙でこどもたちに「紙ひこうき」の作り方を教えてあげると、こどもたちは思い思いの紙飛行機を作り、みんな楽しそうに遊んでいました。
また、帰りにはこども達が日本の歌で見送りをしてくれました。
非常に感動的だったと共に元気付けられた、素晴らしい1日を過ごすことができました。
ベトナムでもさまざまな社会貢献活動があるため、今後も定期的に活動し、ベトナムの地で地域に根ざした活動を展開していきたいと考えています。

児童福祉施設にて交流(写真前列左端が塩川さん)



このページの先頭へ