2013/06/28  『吉野山の桜を保全する活動』 苗木の「桜育成園」にて草引きを実施 - 大和ハウス工業 本社 -

5月17日、2013年度 1回目の活動として大和ハウスグループ社員とそのご家族12名が参加し、桜の苗木を育てている「桜育成園」にて草引きを実施しました。

草引きの様子

吉野山に植樹する苗木は、柵で囲われた「桜育成園」で大切に育てられていますが、この時期は気候が良いこともあり苗木だけでなく雑草もよく成長するため、園内が雑草に覆われてしまいます。そこで参加者は、高さ15~30cm程の苗木を誤って抜かないよう気をつけながら、一本一本丁寧に雑草を抜き、苗木が元気に育つよう園内を整備しました。

「桜育成園」の苗の様子

吉野山保勝会の方々にもご協力いただきながら草引きを行った結果、苗を傷付けることなく雑草を取り除くことができました。

大和ハウスグループ3社が参加

活動の後は、別の場所で育てている苗の状況を見学。そして吉野山のシンボルである金峯山寺 蔵王堂において、吉野山保勝会さまのご厚意により今後の保全活動の発展を祈願していただきました。
今年度も、吉野山の桜を保全し次世代に遺していくため、さまざまな活動を展開していきます。

祈願いただいた金峯山寺 蔵王堂

関連リンク

Daiwa Sakura Aid



このページの先頭へ