戸建住宅スマートハウス「スマ・エコ」

コンセプト

今日も明日も豊かになる家

エコロジーはもちろん、安心、おトク、便利&快適を兼ね備えた、ダイワハウスのスマートハウス「スマ・エコ」。全ての住まいに、「太陽光発電システム」と「HEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)」を標準装備しています。環境性能はもちろん、経済性、利便性をさらに高め、今日も明日も豊かな暮らしを叶える住まいを提案していきます。

ポイント

「D-HEMS 3」+「太陽光発電」で、暮らしの可能性がつながる、広がる

スマ・エコの中心となるのは、「D-HEMS 3」と「太陽光発電」。
太陽光を活かしてつくったエネルギーを、HEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)で「見える化」し、上手に使うことで日々の生活を支えます。
さらにダイワハウス独自の「D-HEMS 3」は、家じゅうの空調や蓄電池などと連携して、住まいの安心や経済性を高め、より豊かな生活へと導くことができます。

1.スマ・エコの「可能性」をつなげる「D-HEMS 3」

家じゅうのエネルギー状況をはじめ、空調や玄関ドアなどを集中コントロール。タッチひとつで自在に操れるのが、スマ・エコの「D-HEMS 3」です。見やすくて、直感的に操作できるタブレット端末は、テレビの視聴や録画もOK。身近なパートナーとして、住まいのブレーンとして、豊かな生活をナビゲートします。

関連リンク

2.スマ・エコの「明日を輝かせる」太陽光発電

地球上のどの発電方法よりもCO2の排出量が抑えられ、無限でクリーン。私たちの身近にあって、いま最も信頼性の高い資源といえるのが太陽光。
スマ・エコの「太陽光発電」は、そんな太陽エネルギーを暮らしに有効利用するための発電システム。
つくった電気をムダなく家で使えるうえ、売電して家計の助けにできることから、ますます一般の家庭にも広がっています。

スマ・エコシリーズ

スマ・エコ ゼロエナジー

「スマ・エコ」+高断熱で、エネルギーゼロへ
当社独自のホームエネルギーマネジメントシステム「D-HEMS 3」と「太陽光発電システム」の標準搭載に加え、寒冷地レベル(※1)の断熱仕様としました。
また、LED照明などの省エネ機器を採用することでエネルギー消費量を削減し、エネルギー収支のゼロが実現可能となります。
新省エネ基準(平成4年省エネ基準)による標準的な住宅では、年間の一次エネルギー消費量(※2)が73.7GJ(ギガジュール)となるのに対し、「スマ・エコゼロエナジー」のエネルギー削減量(※2)は、高断熱化による削減分14.5GJ、省エネ機器による削減分19.3GJ、太陽光発電による削減分54.9GJとなり、エネルギー収支が概ねゼロとなります。

  1. ※1 平成11年省エネ基準(II地域)仕様
  2. ※2 当社独自のシミュレーション、条件による試算値
  • 新省エネ基準(H4年省エネ基準)による標準的な住宅 Q値=4.2W/m²K、ガス給湯器、照明は一部白熱灯
  • 「スマ・エコ ゼロエナジー」 Q値=1.9W/m²K、エコキュート、照明は蛍光灯(LDKのみLED)、太陽光発電システムを南面に4.5kW設置

先進のD-HEMS3

大容量の太陽光発電

高断熱仕様

省エネ機器

スマ・エコ チャージ

「スマ・エコ」+蓄電池で、安心の住まい
6.2kWhの家庭用リチウムイオン蓄電池、「D-HEMS 3」、太陽光発電システムを組み合わせることで、地震や落雷などによる停電時に、家庭用リチウムイオン蓄電池が非常用電源として、生活に必要な電力を供給します。
平時においても、購入単価が安い深夜電力を家庭用リチウムイオン蓄電池に充電し(※3)、充電した電力を太陽光発電システムが発電しない時間帯に供給します。昼間は、購入電力量を削減するために、太陽光発電システムで発電した電力を家庭内で使用し、余剰電力を電力会社に売電します。
新省エネ基準による住宅と比べ、光熱費を年間261,800円削減(約85%)(※4)することができます。

  1. ※3 オール電化契約や時間帯別電灯契約などが必要です。
  2. ※4 当社独自のシミュレーション、条件による試算値

スマ・エコチャージのしくみ

  1. ※1 同時使用は2000Wまで。特定の回路への手動切替が必要です。
  2. ※2 太陽光発電システムの自立運転モードへの切替が必要です。最大1500Wです。

安全性を追求

高効率・長寿命など、さまざまな特性を持つリチウムイオン蓄電池の中でも、とくに安全性に優れた電池セルを搭載した製品を採用。世界レベルの厳しい安全基準をクリア※しています。

※使用電池セルは、製品の安全性を証明する第三者検査機関「テュフ ラインランド ジャパン」のTUV-Sマーク認証品。

蓄電池容量6.2kWh

蓄電池容量2.5kWh

事例紹介

南から、トップライトから、たっぷりの光が注ぐモダンデザインの「カッコかわいい」家(愛知県・I様)

大きなトップライトを設けて光に溢れる明るい空間を実現しながら、断熱性が高く、暖房・冷房の効きがよく、光熱費も抑えられているそうです。
もしもに備えてリチウムイオン蓄電池や、エネファーム、電気自動車用コンセントを採用。太陽光発電システムも導入しており、年間12万円ほども売電できているそうです。

詳しくはこちら

間取りにこだわったナチュラルテイストの、エコと安心の暮らしを考えたスマートハウス(徳島県・T様)

将来、ご両親との同居を考え二世帯住宅を希望されたT様ご夫妻。省エネな暮らしにも関心が高く、太陽光発電の設置を検討されていました。そこで、リチウムイオン蓄電池やHEMSを装備したスマートハウスをご提案。通風も考えて設計されており、夏でもエアコンをほとんど使わず快適に過ごせるそうです。

詳しくはこちら


このページの先頭へ