風と太陽と水による発電事業

エネルギーゼロの街づくり

基本的な考え方・ビジョン

  • 基本的な考え方・ビジョン
  • 再生可能エネルギーによる発電事業のポイント 当社グループの強み
  • 商品/事例

社会的課題

日本の再生可能エネルギーの割合は先進国で最低レベル社会的課題

IPCCの第5次報告書によると、世界の平均気温の上昇を産業革命以前に比べて2℃以内に抑えるためには、2050年までに再生可能エネルギーなどの低炭素エネルギーの電源割合を80%以上(2010年は30%)に増加させる必要があるとされています。
2013年度、世界主要各国の電源構成割合を比較すると、日本は、水力発電を除く再生可能エネルギーの割合が2.2%と他国と比較して著しく低い状況となっており、水力発電を含めても10.7%にとどまります。2012年に固定価格買い取り制度が開始され、太陽光発電を中心とした再生可能エネルギーが大きく増加しましたが、今後さらなる取り組みの加速が必要な状況となっています。

日本の部門別CO2排出量の割合

発電電力量に占める割合

出典:日本…「電源開発の概要」等より作成
その他の国…IEA, Energy Balances of OECD Countries(2014 edition)

大和ハウスグループの目指す未来

「風と太陽と水」を最大活用する社会へ

再生可能エネルギー発電所には、一定規模以上の土地確保や土地に合った施工・建築技術が必要です。大和ハウスグループは、創業以来培ってきた信頼関係やノウハウを活かし、土地の有効活用や多様な事業スキームの企画・提案を行うとともに、土地に合わせた多彩な施工・建設技術で、街中や郊外などあらゆる場所に再生可能エネルギー発電所の設置を進めています。
2016年4月より電力小売の全面自由化が始まり、当社グループでは電力小売事業の拡大を推進。再生可能エネルギーの電源開発にも注力しています。
今後、サステナブルなエネルギーの利用を促進し、「風と太陽と水」を最大限活用できる社会を目指します。

環境長期ビジョン


このページの先頭へ