環境エネルギーメガソーラー

コンセプト

無限でクリーンな“再生可能エネルギー”の活用を進めます

日本におけるエネルギー供給のうち、石油や石炭、天然ガスなどの化石燃料がその大半を占めており、そのほとんどは海外に依存しています。
化石燃料の利用に伴って発生する温室効果ガスの削減には、資源の枯渇の恐れが少なくクリーンな太陽光や風力などの再生可能エネルギーの積極的な活用が重要です。
そこで大和ハウスは、豊富な建築実績をもとに既存建物や地盤の状況に応じたより良い発電システムを設計・ご提案しています。

ポイント

建築事業で培った経験と実績を活かしたご提案

東日本大震災以降、再生可能エネルギーへの関心が高まるなか、2012年7月には再生可能エネルギーの固定価格買取制度※がスタートし、メガソーラー普及に向けた環境が整いつつあります。
当社は、これまで培ってきたプレハブ建築技術・鋼管構造建築技術に加え、スケールメリットを活かした調達力、土地情報の収集力などの強みを生かし、メガソーラーの普及に貢献していきます。

※電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法

太陽光発電導入のメリット

事例紹介

千葉県市原市

敷地の形状に合わせて最大限の発電が確保できるよう配置計画を行い、約4.5MWのメガソーラーを設置しました。また、架台には耐久性の高い高耐食溶融亜鉛メッキ鋼板を用いたスチール架台を採用。当社で設計・施工・保守管理を行うことで、20年間の発電事業をトータルサポートしています。

詳しくはこちら

長崎県佐世保市

この発電所は、工業団地の遊休地を有効利用したもので、グリーン投資減税を活用して約2MWのメガソーラーを設置しました。年間の発電量(予測)は、約2,120千kWhです。

詳しくはこちら

関連リンク


このページの先頭へ