環境行動計画

環境行動計画エンドレス グリーン プログラム

大和ハウスグループでは、環境長期ビジョンの実現に向け、環境長期ビジョンからバックキャスティング(逆算)するとともに、2025~2040年にマイルストーンを置き、中期経営計画の対象期間に合わせて、およそ3ヵ年ごとに具体的な目標と計画を「エンドレス グリーン プログラム(EGP)」として策定し、活動を推進しています。
EGPでは、ステークホルダーの関心度および事業との関連性が高い「4つの環境重点テーマ(社会課題)」を特定し、これらに対して「調達」、「自社活動」、「商品・サービス」の3つの段階において取り組みを進めます。

環境長期ビジョン “Challenge ZERO 2055”

環境行動計画のあゆみ

環境行動計画のあゆみ

環境行動計画の全体像

環境行動計画の全体像

バックキャスティングによる目標設定

上記4つの重点テーマにおける目標設定にあたっては、当社の創業100周年にあたる2055年に目指すべき姿として策定した「環境長期ビジョン」からバックキャスティング(逆算)するとともに、2025~2040年にマイルストーンを置き、3年後の到達レベルを設定しています。

環境行動計画エンドレス グリーン プログラム 2021

「エンドレス グリーン プログラム 2021」(2019~2021年度)では、新たに海外も含めた全グループ会社を対象に「環境と企業収益の両立」に向けて、「ライフサイクル思考にもとづくグループ・グローバル一体での環境経営の推進」をさらに加速し、なかでも脱炭素化に向けた取り組みに重点を置いて進めます。

詳しく見る

重点方針

  1. 1. SBT・EP100・RE100の実現に向け、商品とモノづくりの両面から“脱炭素”を推進
  2. 2. サプライチェーンにおける環境リスク低減に向け、win-win の取り組みを協働
  3. 3. 事業競争力の向上に向け、環境配慮商品・サービスの開発・普及を推進
  4. 4. 環境ブランド・ESG 評価の向上に向け、戦略的な環境コミュニケーションを推進
  5. 5. 環境経営の推進に向け、グループ・グローバル一体での環境マネジメントを強化

基本方針

基本方針

「エンドレス グリーン プログラム 2018」の実績(2018年度)

※詳しくは「サステナビリティ レポート 2019」をご覧下さい。

マテリアリティ(重要課題)の特定

先進的な環境配慮事例 環境配慮商品/事例

商品/事例一覧はこちら


このページの先頭へ