グループ社員一人ひとりの行動規範|大和ハウスグループCSR指針|CSR経営の基盤|CSRへの取り組み|大和ハウスグループ

グループ社員一人ひとりの行動規範

CSR指針3:企業倫理・人権・コンプライアンスの確立に努める。

大和ハウスグループ企業倫理綱領 Principles of Coporate Ethics

制定日

2004年4月1日(2014年4月1日 改定)

制定の意義・目的

この企業倫理綱領は「社是」にみる創業者の経営哲学をはじめ、経営理念・方針を実現するための基礎となる行動原則を明文化したものであり、当社グループの社会的信頼を維持・向上させることを目的とする。

適用範囲

この企業倫理綱領は、大和ハウスグループに適用する。

トップの姿勢

各社トップは、全役職員にこの企業倫理綱領を厳守させ、自らも率先垂範するとともに事業運営の透明性・公正さを確保する責務を負う。

共に創る。共に生きる。

Believe One Heart

お客さまと共に (With our customers)
私たちは誰に対しても誠実なコミュニケーションを心掛けるとともに、良質な商品やサービスの提供に努め、常にお客さまの満足と信頼を得るために最善を尽くします。
コンプライアンスと共に (With the compliance)
私たちは法令を遵守するだけでなく、多様なステークホルダーからの期待に応えるために、高い倫理観を持って行動します。
職場と共に(With an ideal work environment)
私たちは健康と安全に留意するとともに、風通しのよい公正な職場づくりに努めます。また、一人ひとりが成長できる人財育成の機会を提供します。
ビジネスパートナーと共に(With business partners)
私たちは取引先とのパートナーシップを大切にし、適切な関係を構築します。また自由な市場の競争原理に従い、業界全体の健全な発展を目指します。
環境と共に(With the environment)
私たちは環境問題を地球規模の課題であると考え、その保全に取り組むとともに、環境と共生した社会の実現を目指します。
社会と共に(With the communities)
私たちはその地域の文化や習慣を尊重し、事業活動や地域共生活動等を通じて地域社会の持続的な発展に貢献します。
人権の尊重(Respect for human rights)
私たちはあらゆる人の尊厳と基本的人権を尊重し、人種・国籍・民族・性別・性的指向・性自認・障がいの有無・年齢・信条・社会的身分などを理由とした一切の差別を行いません。

このページの先頭へ