中期CSR計画

中期CSR計画とは

サステナブル・ビジョンの実現に向け、2016年度より経営基盤の強化を目的とした中期CSR計画を策定し、運用を開始しました。中期CSR計画の策定にあたっては、社会・環境それぞれに長期ビジョンを掲げ、中期経営計画に合わせて3ヵ年目標を設定し、CSR重要課題を特定しました。また、その実績については改定したCSR自己評価指標を用いて年度ごとに進捗を管理するとともに、今後は全社CSR委員会・全社環境推進委員会等を通じて関連部門と課題・改善策を共有し、PDCAを回すことで目標を達成していきます。

CSR重要課題の特定プロセス

STEP01

課題の把握・整理
当社グループがすでに取り組んでいるCSR活動に、ISO26000やGRIガイドラインなどで提示された重要な課題および、日本国内における主な社会問題などを加えて検討し、22項目の重要課題をCSR重要課題の候補として抽出しました。各テーマの影響範囲を特定した上で、評価方法を共有しました。

STEP02

妥当性の確認
自社から見た重要度と、社会からの要請・期待の重要度にギャップはないか、CSR重要課題の各候補の重要性について、ステークホルダーミーティングを開催するとともに、有識者ダイアログを社会面・環境面それそれで実施。ステークホルダー視点での各課題の重要性について理解を深めました。

STEP03

マテリアリティ(最重要課題)の特定
STEP2「妥当性の確認」を踏まえ、社内での最終検討を行い、最重要課題であるCSR重要課題を特定しました。

STEP04

評価指標の設定 -CSR自己評価指標による目標管理-
CSR重要課題に選ばれたものは、当社独自のマネジメントシステム「CSR自己評価指標」にて重み付けを行い、PDCAサイクルを回しながら、目標達成に向けて取り組んでいます。

中期CSR計画(2016年~2018年)

大和ハウスグループは、「共創共生」を基本姿勢にステークホルダーの皆さまとの活発なコミュニケーションを通じて社会からの期待や要請に応えるよう努めるとともに、“大いなる和”の精神に則ってサステナブルな社会の実現を目指します。

「社会」については、ステークホルダーとの信頼関係構築を目指し、各ステークホルダーと当社の関わりにおける課題に対し応えていきます。また、「環境」については環境と企業収益の両立を目指し、地球温暖化防止や自然環境との調和、資源保護、化学物質による汚染防止を重点課題に、調達・自社活動・商品といったバリューチェーンを通じた取り組みを加速し、いずれも2018年度の目標達成に向けて取り組みを着実に実践していきます。

社会中期目標 ステークホルダーとの信頼関係構築

ステークホルダーとの関わりや対話を通じて当社に対する要請を理解し、企業市民として応えるよう努めることでステークホルダーとの信頼関係構築を目指します

お客さま

  • 高品質な商品の提供
  • お客さまとの適切なコミュニケーション
  • 長期にわたる信頼獲得に向けた取り組み

取引先

  • 公正な競争
  • CSRの取り組みにおける取引先への働きかけ
  • 施工会社における労働条件の改善と人財の確保

従業員

  • 安全かつ健康的に働くことのできる職場
  • 人財の育成
  • 多様な従業員が柔軟に働ける職場づくり
  • 優秀な人財に対する雇用機会の提供

地域市民

  • 地元地域発展のための積極的な関わりや連携
  • 事業で蓄えたノウハウの社会還元

環境中期目標 環境と企業収益の両立

「環境と企業収益の両立」に向け、「ライフサイクル思考にもとづくグループ・グローバル一体での環境経営の推進」をコンセプトに、環境への取り組みを加速させます

地球温暖化防止

  • エネルギーゼロの住宅・建築・街づくりの推進
  • エ再生可能エネルギーによる発電事業の拡大

自然環境との調和

  • 持続可能な木材調達の推進
  • 開発・街づくりにおける緑の保全・創出の推進

資源保護水資源保護

  • 建設廃棄物における3R活動の推進
  • 資源循環型商品(高耐久・長寿命・省資源)の普及および再生建材の採用推進

化学物質による汚染の防止土壌汚染防止

  • 居住系施設における室内空気質のさらなる改善
  • 土地購入時の土壌汚染リスク管理の強化

CSR経営基盤 CSRマインドの醸成と管理体制の強化

業務改善による組織の活性化を通じたCSRマインドの醸成と、意識向上による強固な経営基盤づくりを行います

リスクマネジメント

  • リスクマネジメント
  • 人権啓発
  • 人権問題への対応

コンプライアンス

  • 倫理的行動
  • 企業倫理・法令遵守
  • 安全

IR活動

  • 透明性
  • ステークホルダー・エンゲージメント

関連リンク

CSR自己評価指標


このページの先頭へ