オープンイノベーション

  • メッセージ
  • NEWS
  • 募集テーマ
  • ご提案にあたって
  • よくある質問

大和ハウス工業 オープンイノベーション プログラム始動 Build the Future. 築こう、未来を。

説明会・ご提案受付中

大和ハウス工業 オープンイノベーション プログラム始動 Build the Future. 築こう、未来を。

説明会・ご提案受付中

私たちの暮らしをとりまく環境は変化の速度を増している。
高齢化、人手不足、働き方改革といった社会の変化の中で、
IoT、ビッグデータ、AI、ロボティクス、再生可能エネルギーを始め、
新しいテクノロジーの波が産業変革の原理だと呼ばれている。

新しい社会課題が提起され、新しい技術が生まれてきている一方で、
私たち一人一人の未来の暮らしは、見えているだろうか?
さあ、もう議論するだけでなく、技術のための技術でもなく、
人々の未来の暮らしがどうあるかを、実際に、築いていく時だ。

築こう、新しいライフデザインを支える住宅を。
築こう、これからのデジタル建設業のあり方を。
築こう、不動産の流動性をさらに促すサービスと技術を。
築こう、豊かな暮らしを支える新しい街のインフラを。

オープンイノベーションは、力だ。
今まで出会わなかった情熱と情熱、それを支える技術と技術が結びつくことで、
未来はどんどん形になっていく。

様々な情熱と技術が集う、この場所を起点にして。
私たちは、ビジネスを築き、未来を築いていく。
Build the future.

募集テーマ

THEME

住宅、建設、不動産、インフラ。
大和ハウス工業 オープンイノベーション プログラムでは、「Build the Future. 築こう、未来を。」を具現化する4つのテーマを用意しました。
人々の未来をより豊かなものとしていくと同時に、大和ハウス工業のアセットに融合させることができる、
貴社のテクノロジーやアイデアをお待ちしています。
様々な情熱と技術を活かしたオープンイノベーションを通じて、豊かな社会を築いていきましょう。

THEME 01

新しいライフデザインを支える住宅

IoTやAI、ロボット技術など、テクノロジーの進化により、人々の暮らしも、大きな転換期を迎えています。
日々の家事の時短や、健康状況の可視化、的確な介護や医療サービス、テレワークなどの新しい働き方、そして、一箇所に縛られない多拠点での暮らしなど、様々なライフシーンに、「新たな暮らし方を支えるテクノロジー」を導入していく。
そうすることで、もっと便利に、もっと快適に、もっと安心できる環境を提供できると私たちは考えています。

共創ビジネス
テーマ例

  • 「暮らし」が便利になるサービス
  • 「健康」と「介護」をサポートする住まい
  • 住む人の思いに応えるIoT住宅
  • みんなが嬉しい「テレワーク」を可能にする住まい
  • 多拠点居住を叶える住宅サービス
THEME 02

これからのデジタル建設業

少子高齢化が進む我が国の労働人口の減少は、建設現場でも深刻な問題となりつつあります。特に熟練技術者の減少は、建設業界全体の課題といっても過言ではありません。
熟練技術者の減少や人手不足を解決する建設現場での機械化・自動化、工程管理や職人・資材手配などの建設工程の情報共有などに不可欠なデジタルテクノロジー。私たちは、こうしたデジタル技術を建設現場や業務管理に積極的に導入し、省力化を図り、生産性向上につなげることを、強く推進したいと考えています。

共創ビジネス
テーマ例

  • 建設現場の省力化および高品質化ソリューション
  • 事業者の効率向上につながる建設支援ソリューション
  • 居住者と検査会社双方がWin-Winになる建物診断
  • 顧客満足につながる施工図面情報の電子化およびデータベース構築
THEME 03

不動産の流動性を促すサービス/技術

様々な分野で「所有から共有(使用)へ」という変化が見られるなか、不動産においてもこの流れが新たなマーケットを創るといわれてます。また、人口減少による「空き家」問題も、地域の方々が喜ぶ新たな機能や付加価値を付与し、サービス化することで、新たなマーケットが創れるだろうといわれています。
人々と不動産の関係が大きく変わっていくなか、セキュアでありながらも気軽に不動産の取引ができれば、「生きた社会資産」として不動産が活用してもらえる時代になると私たちは確信しています。

共創ビジネス
テーマ例

  • 所有でも賃貸でもない「新たな暮らし方」を提供するサービス
  • 利用者にとって、ストレスの少ない不動産取引モデルの実現
  • 地域が元気になる「空き家」を活かした街づくり
THEME 04

豊かな暮らしを支える新しい街のインフラ

IoTなどの先端技術を活用し、エネルギーや生活インフラを管理することで、豊かな暮らしにつなげるサービス開発(スマートシティ)は、我が国が今後強化していくべき取り組みの一つです。
IoTやセンシング、AIを活用した完全無人店舗や、ロボティクスやAI・ビッグデータを活用したスマートロジスティクス、創出したエネルギーを相互交換するエネルギーシェアなど、私たちは、未来の豊かな暮らしを支える街のインフラ開発を推進したいと考えています。

共創ビジネス
テーマ例

  • 最新のテクノロジー導入による店舗経営ソリューションの提供
  • 人手不足を解消や効率性向上につながるスマートロジスティクスの導入
  • 再生可能エネルギーやEVの蓄電池などを活かすエネルギーシェアがコアとなる街づくり

ご提案にあたって

ENTRY

ご提案の流れ

1.ご提案フォームより基本情報・提案内容などを記載の上ご提案 2.ご提案内容の検討 3.検討結果のご連絡&面談の実施 4.共創検討の開始

スケジュール

6月5日 エントリー受付開始 6月27日/7月19日 説明会 7月27日 エントリー受付終了 8月2日~8月3日 一次選考(書類)結果通知 8月6日~8月15日 二次選考(面談)実施 8月16日~8月17日 二次選考結果通知 8月20日 共創検討開始
ご提案フォームより
ご入力いただく内容
  • 企業情報
  • 担当者情報
  • ご提案内容
  • PDFによる提案書の添付 など
説明会
会場

6/27(水) 大阪 Xport

大阪市北区茶屋町1-45 大阪工業大学 梅田キャンパス OIT梅田タワー 8階
ロボティクス&デザインセンター

■大阪会場 説明会の参加申し込みは こちら

7/19(木) 東京 株式会社QUANTUM

港区芝浦1−13−10第3東運ビル9F

■東京会場 説明会の参加申し込みは こちら

注意事項
  • ご提案は法人のみとさせていただきます。(スタートアップ企業に限らず)
  • 募集テーマに沿ったご提案をお願いします。詳細は募集テーマをご覧ください。
  • 面談の際の交通や宿泊にかかる費用は、自己負担となります。

※ご提案はPCサイトからのみになります


このページの先頭へ