業績ハイライト

(百万円)

  2018/3期 2019/3期 2020/3期
 
売上高 通期 3,795,992 4,143,505 4,250,000(予)
第1四半期 817,439 902,396 1,017,936
営業利益 通期 347,141 372,195 378,000(予)
第1四半期 72,827 75,332 92,399
経常利益 通期 344,593 359,462 376,000(予)
第1四半期 74,284 77,059 93,429
親会社株主に帰属する
当期(四半期)純利益
通期 236,357 237,439 252,000(予)
第1四半期 50,642 52,410 65,068
総資産 通期 4,035,059 4,334,037 -
第1四半期 3,605,107 4,023,746 4,321,463
純資産 通期 1,513,585 1,643,717 -
第1四半期 1,347,233 1,514,900 1,662,668
自己資本比率 通期 36.5% 36.8% -
第1四半期 36.6% 36.6% 37.4%
1株当たり当期(四半期)純利益 通期 355円87銭 357円29銭 379円62銭(予)
第1四半期 76円31銭 78円83銭 98円02銭
1株当たり純資産 通期 2,218円17銭 2,404円32銭 -
第1四半期 1,987円26銭 2,217円22銭 2,437円55銭

注:記載金額は百万円未満を切り捨てて表示しております(自己資本比率、1株当たり当期(四半期)純利益および1株当たり純資産を除く)。

売上高

売上高

営業利益

営業利益

親会社株主に帰属する当期(四半期)純利益

親会社株主に帰属する当期純利益

総資産

総資産

純資産

純資産

自己資本比率

自己資本比率

1株当たり当期(四半期)純利益

1株当たり当期純利益

1株当たり純資産

1株当たり純資産

  • 注1:記載金額は億円未満を切り捨てて表示しております。

事業セグメント別売上高・営業利益構成比

事業セグメント別 売上高 構成比

事業セグメント別 営業利益 構成比

  • 注:セグメント間の内部取引を含む

戸建住宅事業

戸建住宅部門では、お客様の住まいづくりに真摯に向き合い地域に密着した事業展開を推進し、販売拡大に努めてきました。

国内においては、注文住宅では、持続型の耐震性能と外張り断熱による快適性、2m72cmの高い天井がもたらす大空間のゆとりを実現する戸建住宅商品「xevoΣ(ジーヴォシグマ)」をはじめ、木造住宅商品「xevo GranWood(ジーヴォグランウッド)」、3・4・5階建戸建住宅商品「skye(スカイエ)」等の多彩な商品ラインアップでお客様ニーズへの対応に注力してきました。また、専用住宅からコンビネーションハウジング(併用住宅)まで提案の幅を拡大し、事業を推進してきました。

海外においては、Stanley-Martin Communities, LLCによる米国ワシントンD.C.周辺での住宅開発プロジェクトが、ミレニアル世代の都心回帰ニーズにマッチし販売が好調に推移しました。

以上の結果、当事業の売上高は101,326百万円(前年同四半期連結累計期間比16.1%増)、営業利益は1,553百万円(前年同四半期連結累計期間比14.5%減)となりました。

賃貸住宅事業

賃貸住宅部門では、土地診断からプランニング、設計、建築、経営サポートにいたる総合力を活かした土地の有効活用の提案に努めてきました。国内においては、3階建や中高層賃貸住宅への取り組みを強化するなど、大型物件の受注拡大を図ってきました。

海外においては、米国シカゴで稼働中の「オーレリアン」等を中心とした賃貸住宅事業や、ベトナムでのサービスアパートメント事業が順調に推移しました。特に、ベトナム「ロイジェントパークスハノイ」においては、ビジネスユースの需要が大きく、目標を上回る稼働率で推移しました。

以上の結果、当事業の売上高は242,770百万円(前年同四半期連結累計期間比2.3%増)、営業利益は24,827百万円(前年同四半期連結累計期間比28.2%増)となりました。

マンション事業

マンション部門では、社会やお客様にとって付加価値の高いマンションづくりに努めるとともに、安心・快適な暮らしを支える管理サービスの提供に取り組んできました。

首都圏では、「プレミスト代々木公園パークフロント」(東京都)や「プレミスト山吹神楽坂」(東京都)が、都心の駅近立地と静かな住環境が好評を博し、完売となりました。

また、株式会社コスモスイニシアにおいては、「イニシア青舐」(東京都)が、都心への好アクセスと駅直結の商業施設による生活利便性等が好評を博し、完売となりました。

海外においては、豪州で開発・販売した「フラワー・ミル・オブ・サマーヒル・プロジェクト」、「テンポ(ドゥルモイン・プロジェクト)」の引渡しが順調に進みました。また、インドネシア「サクラガーデンシティプロジェクト」が、LRT(※)の開通予定等、今後の交通利便性や生活環境の向上が見込まれる立地が好評を博し、販売が好調に推移しました。

以上の結果、当事業の売上高は74,879百万円(前年同四半期連結累計期間比34.6%増)、営業利益は4,129百万円(前年同四半期連結累計期間比542.4%増)となりました。

※ Light Rail Transit 軽量高架鉄道の略。

住宅ストック事業

住宅ストック部門では、当社施工の戸建・賃貸住宅を所有されているオーナー様に対し、インスペクション(点検・診断)を通じたリレーションの強化や保証期間延長のためのリフォーム提案を強化してきました。さらに、当社オーナー様や法人のお客様の事業用資産に向けたメンテナンス提案を強化し、受注拡大を図ってきました。

また、より良質な既存住宅の流通の活性化に向けた「Livness(リブネス)」事業においては、全国の戸建住宅・マンションのオーナー様向けに「想いをつなぐ売却キャンペーン」を実施し、既存住宅の購入や売却、リノベーションなどのお客様のニーズに幅広く対応してきました。

以上の結果、当事業の売上高は35,816百万円(前年同四半期連結累計期間比30.9%増)、営業利益は6,336百万円(前年同四半期連結累計期間比202.0%増)となりました。

商業施設事業

商業施設部門では、テナント企業様の事業戦略に対応した適切な出店計画の提案や、エリアの特性を活かしたバリエーション豊富な企画提案を行ってきました。特に、ホテル・商業ビル等の大型物件への取り組み強化や、投資用不動産の購入を検討されているお客様に向けて、当社で土地取得・建物建築・テナントリーシングまで行った物件を販売するなど業容の拡大を図り、受注が堅調に推移しました。

また、広島県でホテル・商業施設・オフィスが一体となった大型複合施設「GRANODE(グラノード)広島」を開業するなど、当社グループが保有する経営資源を組み合わせ、お客さまのニーズに合わせた複合施設開発に取り組んできました。

以上の結果、当事業の売上高は180,473百万円(前年同四半期連結累計期間比9.7%増)、営業利益は31,661百万円(前年同四半期連結累計期間比7.9%増)となりました。

事業施設事業

事業施設部門では、法人のお客様の様々なニーズに応じた施設建設のプロデュースや資産の有効活用をトータルサポートすることで業容の拡大を図ってきました。

物流施設関連では、沖縄県で当社初の物流施設開発となる「Dプロジェクト沖縄浦添」をはじめ、全国7ヶ所の物流施設を新たに着工し、豊富な経験とノウハウでお客様の物流戦略をバックアップしてきました。医療介護施設関連では、老朽化した施設や、耐震基準を満たしていない病院をターゲットに建替えや移転の提案、また高齢者住宅・複合介護施設等医療法人の経営課題を解決するソリューション提案を強化してきました。

事務所・工場などの拠点サポート関連では、広島西飛行場跡地を産業団地として再開発する「広島イノベーション・テクノ・ポート」や、長野県千曲市との公民連携による産業団地開発「Dプロジェクト長野千曲」に着手し、当社開発の工業団地への企業誘致を強化してきました。加えて食品工場においては、食品製造・加工事業者を対象に、HACCP(※)義務化に向けたセミナーを開催するとともに、安全認証に適応した施設建設の提案を強化してきました。

以上の結果、当事業の売上高は290,761百万円(前年同四半期連結累計期間比16.7%増)、営業利益は31,099百万円(前年同四半期連結累計期間比2.3%増)となりました。

※ 食品の製造・加工等のあらゆる段階で発生する恐れのある微生物汚染等の危害を事前分析・管理する衛生管理手法。

その他事業

アコモデーション事業では、大和リゾート株式会社が、女性やツーリストにも利用しやすく、楽しく過ごせる新スタイルのホテル「ダイワロイヤルホテルD-CITY(ディーシティ)」の、全国4店舗目となる「D-CITY 名古屋伏見」をオープンしました。

物流事業では、大和物流株式会社において、「小牧物流センターⅠ」(愛知県)を新たに開設し、お客様に最適な物流網を提案してきました。

フィットネスクラブ事業では、スポーツクラブNAS株式会社において、コラーゲンの生成を促す光トリートメントを浴びながら、ホットヨガなどのエクササイズを行える「ホットコラーゲンスタジオ」を設置した「スポーツクラブNAS 蕨」(埼玉県)等、新たに2ヶ所をオープンしました。

以上の結果、当事業の売上高は121,455百万円(前年同四半期連結累計期間比9.4%増)、営業利益は4,796百万円(前年同四半期連結累計期間比60.6%増)となりました。

(注)

1.各セグメント別の売上高は、外部顧客への売上高にセグメント間の内部売上高又は振替高を加算したものです。(「第4 経理の状況1 四半期連結財務諸表注記事項(セグメント情報等)」を参照。)

2.上記金額に消費税等は含んでいません。

IR情報メール配信サービス 新規登録はこちら
決算情報などIR関連の最新情報をメールでお届けします。
配信をご希望の方はフォームより必要事項をご記入の上お申込みください。


このページの先頭へ