業績ハイライト

(百万円)

  2018/3期 2019/3期 2020/3期
 
売上高 通期 3,795,992 4,143,505 4,350,000(予)
第2四半期 1,809,739 1,983,326 2,179,389
営業利益 通期 347,141 372,195 383,000(予)
第2四半期 180,467 189,586 209,324
経常利益 通期 344,593 359,462 378,000(予)
第2四半期 181,049 191,741 207,910
親会社株主に帰属する
当期(四半期)純利益
通期 236,357 237,439 253,000(予)
第2四半期 123,539 131,481 147,390
総資産 通期 4,035,059 4,334,037 -
第2四半期 3,768,805 4,147,925 4,454,545
純資産 通期 1,513,585 1,643,717 -
第2四半期 1,420,121 1,589,271 1,737,753
自己資本比率 通期 36.5% 36.8% -
第2四半期 36.9% 37.2% 38.0%
1株当たり当期(四半期)純利益 通期 355円87銭 357円29銭 381円05銭(予)
第2四半期 186円10銭 197円70銭 222円02銭
1株当たり純資産 通期 2,218円17銭 2,404円32銭 -
第2四半期 2,094円77銭 2,318円31銭 2,552円23銭

注:記載金額は百万円未満を切り捨てて表示しております(自己資本比率、1株当たり当期(四半期)純利益および1株当たり純資産を除く)。

売上高

売上高

営業利益

営業利益

親会社株主に帰属する当期(四半期)純利益

親会社株主に帰属する当期純利益

総資産

総資産

純資産

純資産

自己資本比率

自己資本比率

1株当たり当期(四半期)純利益

1株当たり当期純利益

1株当たり純資産

1株当たり純資産

  • 注1:記載金額は億円未満を切り捨てて表示しております。

事業セグメント別売上高・営業利益構成比

事業セグメント別 売上高 構成比

事業セグメント別 営業利益 構成比

  • 注:セグメント間の内部取引を含む

戸建住宅事業

戸建住宅部門では、お客様の住まいづくりに真摯に向き合い地域に密着した事業展開を推進し、販売拡大に努めてきました。

国内の注文住宅事業においては、持続型の耐震性能と外張り断熱による快適性、2m72cmの高い天井がもたらす大空間のゆとりを実現する戸建住宅商品「xevoΣ(ジーヴォシグマ)」の販売を中心に推進してきました。加えて、木造住宅商品「xevo GranWood(ジーヴォ グランウッド)」、3・4・5階建戸建住宅商品「skye(スカイエ)」等の多彩な商品ラインアップで、戸建専用住宅に加えて賃貸併用住宅、店舗併用住宅等の幅広いお客様ニーズへの対応に注力してきました。また、xevoΣの商品特徴である、室内外一体の素材やデザインを用いて空間の連続感や開放感を演出する「グランフルデザイン」が高く評価され、「xevo∑ PREMIUM(ジーヴォシグマ プレミアム)」及び「V1サッシ」が、2019年度グッドデザイン賞を受賞しました。

海外においては、Stanley-Martin Communities, LLCによる米国ワシントンD.C.周辺での住宅開発プロジェクトが、ミレニアル世代の都心回帰ニーズにマッチし販売が好調に推移しました。

以上の結果、当事業の売上高は239,665百万円(前年同四半期連結累計期間比 1.5%増)、営業利益は人件費等の増加により、10,422百万円(前年同四半期連結累計期間比20.1%減)となりました。

賃貸住宅事業

賃貸住宅部門では、土地診断からプランニング、設計、建築、経営サポートにいたる総合力を活かした土地の有効活用の提案に努めてきました。

国内においては、3階建商品や中高層賃貸住宅の提案に注力すると共に、寮や社宅、店舗併用賃貸住宅等の提案バリエーションを拡大し、物件の大型化を図ってきました。

海外においては、米国で稼働中の「オーレリアン」等の賃貸住宅事業や、ベトナムや豪州でのサービスアパートメント事業が順調に推移しました。

しかしながら、開発物件売却の減少及び請負販売の減少等により、当事業の売上高は503,219百万円(前年同四半期連結累計期間比4.3%減)、営業利益は51,724百万円(前年同四半期連結累計期間比6.7%減)となりました。

マンション事業

マンション部門では、社会やお客様にとって付加価値の高いマンションづくりに努めるとともに、安心・快適な暮らしを支える管理サービスの提供に取り組んできました。

国内においては、「プレミスト山吹神楽坂」(東京都)や「プレミスト大津ステーションレジデンス」(滋賀県)等の物件を中心に引渡しが順調に進捗しました。

また、より良質な既存住宅の流通の活性化に向けた「Livness(リブネス)」事業においては、当社初の1棟まるごとリノベーションマンション「リブネスモア 茨木」(大阪府)の販売を開始し、買取再販事業の拡大を図ってきました。

株式会社コスモスイニシアにおいては、都心の優良不動産を低予算で取得可能にする共同出資型の投資用不動産「セレサージュ表参道」(東京都)の販売が好調に推移し、総募集口数を完売しました。

海外においては、豪州で開発・販売した「フラワー・ミル・オブ・サマーヒル」、「テンポ」の引渡しが順調に進みました。

以上の結果、当事業の売上高は163,779百万円(前年同四半期連結累計期間比28.0%増)、営業利益は7,305百万円(前年同四半期連結累計期間比58.6%増)となりました。

住宅ストック事業

住宅ストック部門では、当社施工の戸建・賃貸住宅を所有されているオーナー様に対し、インスペクション(点検・診断)を通じたリレーションの強化や保証期 間延長のためのリフォーム提案を強化してきました。また、再生可能エネルギーの固定価格買取制度において買取期間満了を迎える戸建住宅オーナー様に向けた家庭用蓄電池の販売や、法人のお客様の事業用資産に向けたメンテナンス提案に注力し、受注拡大を図ってきました。

また、より良質な既存住宅の流通の活性化に向けた「Livness(リブネス)」事業においては、空き家の活用に悩むオーナー様向けに、空き家の防犯・管理・不動産活用をサポートするサービス「リブネス空き家管理サービス」を開始するなど、既存住宅の購入や売却、リノベーション等のお客様のニーズに幅広く対応してきました。

以上の結果、当事業の売上高は78,864百万円(前年同四半期連結累計期間比24.2%増)、営業利益は11,728百万円(前年同四半期連結累計期間比97.4%増)となりました。

商業施設事業

商業施設部門では、テナント企業様の事業戦略に対応した適切な出店計画の提案や、エリアの特性を活かしたバリエーション豊富な企画提案を行ってきました。特に、ホテル・商業ビル等の大型物件への取り組み強化や、投資用不動産の購入を検討されているお客様に向けて、当社で土地取得・建物建築・テナントリーシングまで行った物件を販売するなど業容の拡大を図り、事業を推進してきました。

また、広島県で商業施設とオフィス、さらにダイワロイヤル株式会社が運営する「ダイワロイネットホテル広島駅前」が一体となった大型複合施設「GRANODE(グラノード)広島」を開業するなど、当社グループが保有する経営 資源を組み合わせ、お客様のニーズに合わせた複合施設開発に取り組んできました。

以上の結果、当事業の売上高は384,986百万円(前年同四半期連結累計期間比8.5%増)、営業利益は71,545百万円(前年同四半期連結累計期間比3.2%増)となりました。

事業施設事業

事業施設部門では、法人のお客様の様々なニーズに応じた施設建設のプロデュースや資産の有効活用をトータルサポートすることで業容の拡大を図ってきました。

物流施設関連では、当社最大の延床面積を誇るマルチテナント型物流施設「DPL 流山Ⅳ」をはじめ、全国9ヶ所の物流施設を新たに着工し、豊富な経験とノウハウでお客様の物流戦略をバックアップしてきました。

医療介護施設関連では、老朽化した施設や、耐震基準を満たしていない病院をターゲットに建替えや移転の提案、また高齢者住宅・複合介護施設等医療法人の経営課題を解決するソリューション提案を強化してきました。

事務所・工場などの拠点サポート関連では、広島西飛行場跡地を産業団地として再開発する「広島イノベーション・テクノ・ポート」に着手し、当社開発の工業団地への企業誘致を強化してきました。

加えて、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の大会施設工事について、2施設の施工が順調に進捗しました。

以上の結果、当事業の売上高は609,501百万円(前年同四半期連結累計期間比20.9%増)、営業利益は68,239百万円(前年同四半期連結累計期間比19.7%増)となりました。

その他事業

ホームセンター事業では、ロイヤルホームセンター株式会社が、市内最大級の売場面積(※)を誇るホームセンター「ロイヤルホームセンターキセラ川西」(兵庫県)を新たにオープンするなど、様々なお客様の暮らしに役立つ店舗を展開してきました。

アコモデーション事業では、大和リゾート株式会社が、女性やツーリストにも利用しやすく、楽しく過ごせる新スタイルのホテル「ダイワロイヤルホテルD-CITY(ディーシティ)」の、全国4店舗目となる「D-CITY 名古屋伏見」をオープンしました。

物流事業では、大和物流株式会社において、「小牧物流センターⅠ、Ⅱ」(愛知県)を新たに開設し、お客様に最適な物流網を提案してきました。

フィットネスクラブ事業では、スポーツクラブNAS株式会社において、コラーゲンの生成を促す光トリートメントを浴びながら、ホットヨガなどのエクササイズを行える「ホットコラーゲンスタジオ」を設置した「スポーツクラブNAS 蕨」(埼玉県)等、新たに3ヶ所をオープンしました。

以上の結果、当事業の売上高は264,512百万円(前年同四半期連結累計期間比12.4%増)、営業利益は12,981百万円(前年同四半期連結累計期間比54.2%増)となりました。

※ 兵庫県川西市のホームセンター売り場として最大面積。

(注)

1.各セグメント別の売上高は、外部顧客への売上高にセグメント間の内部売上高又は振替高を加算したものです。

2.上記金額に消費税等は含んでいません。

IR情報メール配信サービス 新規登録はこちら
決算情報などIR関連の最新情報をメールでお届けします。
配信をご希望の方はフォームより必要事項をご記入の上お申込みください。


このページの先頭へ