石橋信夫記念館 建築情報

認定|奈良県次世代エネルギーパーク

総合技術研究所(石橋信夫記念館)は次世代のエネルギーに関する取り組みを一般の人々に見学・体験してもらうことを目的とした「奈良県次世代エネルギーパーク」に認定されています。

環境共生建築

記念館は「風」「太陽」「水」をコンセプトに、アフリカなどの砂漠にある「ありづか」の仕組みを取り入れた環境共生建築です。

断面図

ソーラーチムニー

屋根の上にある全面ガラス張りの「ソーラーチムニー」は、太陽熱で暖められると上昇気流をつくりだします。その誘引力で、室内の空気は天井内に誘引され、排気ガラリより排出されます。

アースチューブ

建物下部は「アースチューブ」と呼ばれる地下ピット。ここへ北面壁の給気口から外気を取り入れて地中熱と熱交換し、夏は予冷、冬は予暖しています。新鮮な外気は、室内を流れた後、天井内へ向かいます。

屋上緑化(セダム・芝生)

屋根面には、住宅用のルーフガーデンや建築用のセダム緑化など、さまざまなタイプの屋上緑化を施しています。また、屋根に降った雨を雨水タンクに貯留し、植物への散水に利用しています。

太陽光発電設備

屋根の上には太陽光発電設備を設置しています。太陽光発電設備の発電電力で施設内の電力をまかない、余剰電力は研究所本棟に供給しています。


このページの先頭へ