事業領域

  • Housing
  • Business
  • Life
  • Global

ロボット

ロボット技術を活用した働きやすい職場環境や安心して年をとることができる暮らしの実現を目指します

少子・高齢化が進み、労働人口がますます減りゆく日本では、労働現場におけるロボット技術の活用に大きな期待が寄せられています。ロボット事業では、介護現場や工場、建設現場の働き方改革のモデル構築を目指しています。ロボットなどの先端テクノロジーを活用することで、身体に係るリスクを軽減するのはもちろんのこと、生産性向上にもつながります。さらに、AI・IoT技術を活用して街のセイフティーネットを構築し、誰もが安心して暮らせる社会をつくることを目指しています。

©Prof. Sankai, University of Tsukuba / CYBERDYNE Inc.
HAL® はCYBERDYNE(株)が開発・製造する製品です。


このページの先頭へ