桜も植える、大和ハウス。 PROJECT 09 桜も植える、大和ハウス。 PROJECT 09

BACK TO TOPBACK TO TOP

SAVE JAPANESE CULTURE & NATURE

Mt YOSHINO Mt YOSHINO

日本の自然と文化を、
次世代に。

未来を担う子どもたちに、生命や自然の
たいせつさ、
日本文化の素晴らしさを
受け継いでいくために。
私たちは、Daiwa Sakura Aidと称した桜の
植樹を
学校や地域と連携して展開。
大和ハウス工業の創業者石橋信夫ゆかりの
地である
奈良県吉野山の桜を
保全することからはじまった活動は、
全国の子どもたちの手によって
いま未来に大輪の花を咲かせようとしています。

吉野山

BLOOM OUR BEAUTIFUL FUTURE

桜を未来へつなげていく。

Daiwa Sakura Aidの一環として2010年から
はじまった「桜プロジェクト」。
いまでは参加する学校が日本全国で209校、
植樹本数533本、植樹参加者数24,000人以上を数える
一大プロジェクトに成長しました。(※2016年11月現在)
そして、これからも。
私たちは、
桜を未来へとつなげていくことで、
子どもたちに和の精神と文化を継承していきます。

「桜」から、近未来をつくる。
大和ハウス

CONTENTS CONTENTS
関連コンテンツ

その想いの原点

PHILOSOPHY

私たちは、考えつづけます。

住宅を通じて世の中のためにできることを。

住まいや街、そこに暮らす人にとって必要なものを。

「家、そして近未来をつくる。」

この言葉には、私たちの原点である「家」への情熱。

そして、世の中をよりよくする「近未来」を積み上げて、

大きな未来を目指す挑戦心。

そんなたいせつな想いが込められています。

その想いを胸に、すでに走り出している取り組みがあります。

これから先も限りなく広がる取り組みがあります。

ここでは、近未来をつくる私たちの挑戦の一つひとつを、

みなさまへご紹介していきます。

CLOSE

その想いの原点 PHILOSOPHY 私たちは、考えつづけます。住宅を通じて世の中のためにできることを。住まいや街、そこに暮らす人にとって必要なものを。「家、そして近未来をつくる。」この言葉には、私たちの原点である「家」への情熱。そして、世の中をよりよくする「近未来」を積み上げて、大きな未来を目指す挑戦心。そんなたいせつな想いが込められています。その想いを胸に、すでに走り出している取り組みがあります。これから先も限りなく広がる取り組みがあります。ここでは、近未来をつくる私たちの挑戦の一つひとつを、みなさまへご紹介していきます。

CLOSE


このページの先頭へ