トピックス一覧

トピックス

大和リゾート株式会社

大和リゾートの新ホテルブランド「ダイワロイヤルホテル」誕生

大和リゾートの新ホテルブランド「ダイワロイヤルホテル」誕生

 大和リゾート株式会社は、全国27か所で運営するリゾートホテル「ダイワロイヤルホテルズ」の名称を、2018年4月1日より「DAIWA ROYAL HOTEL(ダイワロイヤルホテル)」に変更し、コーポレートシンボルおよび全27ホテルの名称・ロゴを変更します。

 今回のリブランドは、地域・ターゲット別にホテルブランドを4つのコンセプトに区分した体制を築くことで、27ホテル各々の個性を持ったホテルを創り、すべてのお客さまにご満足いただける「サービス」・「商品」を提供するために行うものです。
 今後は、4月1日から順次オープンする都市型ホテル「ダイワロイヤルホテルシティ」とともに、多様な需要の変化・顧客ニーズに応えられるホテル経営を展開します。

 ■ホテルブランドの4つのコンセプト等、詳細はこちらをご覧ください。
  大和リゾート株

トピックス

大和リゾート株式会社

ホテルの新しい取り組み「ロイヤルストロベリーパーク」が好調

ホテルの新しい取り組み「ロイヤルストロベリーパーク」が好調

 大和リゾート株式会社が運営する「天橋立 宮津ロイヤルホテル(※)」に併設されたいちご農園「ロイヤルストロベリーパーク」のいちごが食べ頃を迎えました。
※2018年4月1日より名称を「Hotel & Resorts KYOTO-MIYAZU」に変更

 昨年12月にオープンした当施設。既存のテニスコートの敷地に設置したビニールハウス6棟(総面積約1,440㎡)で、いちご狩りを楽しめるいちご農園です。

トピックス

大和ハウスライフサポート株式会社

「もみの樹・横浜鶴見」にて「子ども食堂」を開催

「もみの樹・横浜鶴見」にて「子ども食堂」を開催

 大和ハウスライフサポート株式会社が運営する介護付有料老人ホーム「もみの樹・横浜鶴見」では、社会福祉協議会や当地区自治体と連携し、毎月2回、「子ども食堂」を開催しています。「子ども食堂」とは、経済的背景やひとり親などさまざまな事情を抱えた子どもたちに無料や低価格で食事を提供する取り組みです。

■「つながる温もり」「食の大切さ」を伝える場に
 入居者と子どもたち、施設スタッフ、ボランティアの方々が、一緒に食卓を囲み、にぎやかな夕食のひと時を過ごしています。「残さず食べる」「食に感謝する」など当たり前のことをできるようにする食育の場としても意識しています。
 また、食事だけではなくゲームやトランプなどで一緒に楽しみ、子どもたちとの交流を育んでいます。

■「地域に開かれた施設でありたい」という想いで
 参加者

トピックス

大和ハウス工業

「女性の活躍推進企業」にて優秀賞を受賞

「女性の活躍推進企業」にて優秀賞を受賞

 女性活躍推進への優れた取り組みをしている企業として「名古屋市女性の活躍推進企業」に認定されました。
あわせて、1月29日に開催された認定・表彰式において優秀賞を受賞しました。

トピックス

大和ハウス工業株式会社

「第14回ステークホルダーミーティング」開催

「第14回ステークホルダーミーティング」開催

 1月24日、大和ハウス工業株式会社は本社にて「ステークホルダーミーティング」を開催しました。「ステークホルダーミーティング」とは、企業をとりまく様々な利害関係者(ステークホルダー)と企業が直接対話を行い、社会から幅広い意見や要請を聞く会議のことです。
 当社では、多様なステークホルダー(お客さま・取引先さま・NPO・従業員など)と意見交換を行い、CSR経営に反映させることを目的として2004年度より開催しています。
 今年度は、「『Daiwa Sakura Aid』※の深化に向けて」をテーマに18名のステークホルダーにお集まりいただき、「桜の維持・保全グループ」「次世代への和の伝承グループ」「社内周知グループ」の3つのグループに分かれて議論していただきました。各テーブルには担当役員や部門長も参加し、皆さまからの疑問にお答えするとともに、活発な意見交換を行いました。

トピックス

ダイワロイヤル株式会社

「ダイワロイネットホテル福岡西中洲」が2月9日にオープン

「ダイワロイネットホテル福岡西中洲」2月9日オープン

 ダイワロイヤル株式会社は、2018年2月9日、ダイワロイネットホテルズ46店舗目となる「ダイワロイネットホテル福岡西中洲」を福岡市にオープンします。
(九州は4店舗目、福岡県は「博多祇園」、「小倉駅前」に続いて3店舗目。他は大分県に「大分」。)

 当ホテルは天神や中洲屋台まで徒歩圏内で、地下鉄空港線「中洲川端駅」より徒歩約10分、福岡空港までは地下鉄を利用すると約20分の好立地にあり、観光やビジネスの拠点としてご利用いただけます。
 1階はコンビニエンスストア、2階にフロント・ロビー、3階〜10階が客室(全111室)となっています。
 客室コンセプトは、スタイリッシュな「スマートステイ」です。スタンダードルームは、従来のダイワロイネットホテルより一回りコンパクト(15㎡)な仕様で、機能的で使い勝手の良い空間となっています。

トピックス

大和ハウスグループ

「第3回 Womengineers Forum(女性技術者フォーラム)」開催

「第3回 Womengineers Forum(女性技術者フォーラム)」開催

 1月10日、大和ハウス工業大阪本社にて開催された「第3回 Womengineers Forum(女性技術者フォーラム)」に100名の女性技術者が参加しました。
 当フォーラムは、大和ハウスグループの女性活躍推進目標である「2020年に女性管理職500名」の達成に向け、技術部門でのグループシナジーを活かした施策の一つとして、大和ハウス工業、フジタ、大和リースの3社合同で実施しているものです。女性技術者のさらなるモチベーション向上とキャリアビジョン構築を目的に、管理職を見据えた職位の女性技術者を対象に2016年より開催しています。

トピックス

大和ハウスグループ

グループ各社でクリスマス

グループ各社でクリスマス

グループ各社より届いたクリスマスの様子を一部ご紹介します。

トピックス

大和ハウスグループ

大阪の一大イベント「大阪マラソン2017」を盛り上げました

大阪の一大イベント「大阪マラソン2017」を盛り上げました

 11月26日、大和ハウス工業協賛の「大阪マラソン2017」が開催され、大和ハウスグループは、当大会に様々な形で参加・貢献しました。

■「大阪マラソン“クリーンUP”作戦」に参加
 大阪マラソンとタイアップして大阪市内全域で実施された清掃活動「大阪マラソン“クリーンUP”作戦」に、デザインアークとグローバルコミュニティが参加しました。

トピックス

大和ハウス工業株式会社

石橋信夫記念館文化フォーラム第10回「高杉晋作は日本の将来のために何をやろうとしたか」開催

石橋信夫記念館文化フォーラム第10回「高杉晋作は日本の将来のために何をやろうとしたか」開催

 11月18日、東京本社2階大ホールにおいて、石橋信夫記念館文化フォーラムを開催しました。
 第10回目となる今回は「高杉晋作は日本の将来のために何をやろうとしたか」をテーマに、幕末に列強から日本を守ることに尽力し、日本近代化への道を切り拓いた高杉晋作にスポットを当て、パネリストの方々にディスカッションしていただきました。

トピックス

大和ハウス工業株式会社

「全国工場 技能競技会」開催

「全国工場 技能競技会」開催

 大和ハウス工業株式会社は、11月1・2日、奈良工場において、全国9工場の協力会社従業員の技能向上および人財育成を目的とした「技能競技会」を開催しました。
 昨年度までは「技能コンクール」として溶接競技のみ実施していましたが、今年度より名称を変更し、溶接競技では「匠の部」「一般の部」に分けてレベル向上を図るとともに、木工技能の部とフォークリフト技能の部を新設し、競技種目と規模を拡大しました。

トピックス

大和ハウス工業株式会社

「第3回 Lumion Competition Japan 2017」最優秀賞受賞

「第3回 Lumion Competition Japan 2017」最優秀賞受賞

 建築・3D設計デザインコンぺ「第3回 Lumion Competition Japan 2017」において、弊社の応募作品が
最優秀賞を受賞しました。

【弊社の提出作品】
テーマ:コミュニティホール
作品名:「KOMOREBI」
    (森の中の図書館とコミュニティーホールの計画)
担当者:大和ハウス工業株式会社 東京本社 企画開発設計部 石塚 隆之、モラ・エンジェル、鈴木晶子

トピックス

大和ハウス工業株式会社

「住まいまるごと体験館」リニューアルオープン

「住まいまるごと体験館」リニューアルオープン

 奈良工場内にある「住まいまるごと体験館」が10月にリニューアルオープンしました。

トピックス

大和ハウス工業株式会社

岡山工場 創業20周年記念式典を開催

岡山工場 創業20周年記念式典を開催

 岡山工場は、1997年10月の創業開始から20年を迎え、10月7日、記念式典を執り行いました。
 式典には、赤磐市の友實市長をはじめ、岡山支社 向井支社長や生産部 河村部長、大和コアファクトリー・大和物流の社員・ご家族など約550名が参加。市長からの祝辞や永年勤続表彰ののち、ご家族向けの職場見学会を実施しました。
 中村工場長は、「これからもグループ会社の従業員と力を合わせて事業拡大に取り組んでいきたい」と述べました。

トピックス

株式会社コスモスイニシア

シェアタウン・コンソーシアムが新たな官民連携プロジェクトを開始

シェアタウン・コンソーシアムが新たな官民連携プロジェクトを開始

 株式会社コスモスイニシアが幹事会員を務める慶應義塾大学SFC研究所シェアタウン・コンソーシアムが、新たな産学民協同研究プロジェクトを2017年11月より開始します。

トピックス

大和ハウスパーキング株式会社

新ブランド「DHレンタカー」誕生

新ブランド「DHレンタカー」誕生

 大和ハウスグループのレンタカー事業として、当社より「DHレンタカー」が誕生しました。7月1日、第1号店として沖縄県那覇市の再開発エリア「さいおんスクエア」内の複合商業施設「CARGOES(カーゴス)那覇国際通り」1階に、「DHレンタカー那覇国際通り店」がオープンしました。
 小型車からワゴン車まで各種取り揃え、電気自動車(EV)「テスラ(モデルS)」も導入しています。

トピックス

大和情報サービス株式会社

「アクロスプラザ古島駅前」グランドオープン

「アクロスプラザ古島駅前」グランドオープン

 7月27日、大和情報サービス株式会社は、沖縄県那覇市に複合商業施設「アクロスプラザ古島駅前」をグランドオープンしました。
 当社は、自社運営の商業施設とあわせて、土地・建物を所有するオーナー様の資産運用として、「アクロスモール」や「アクロスプラザ」などの複合商業施設を全国で展開しています。沖縄県での「アクロスプラザ」のオープンは今回が初めてとなります。

トピックス

大和物流株式会社

「大和物流ドライバー・倉庫作業スタッフ採用サイト」新設

「大和物流ドライバー・倉庫作業スタッフ採用サイト」新設

 大和物流株式会社では、人財確保の基盤強化および雇用競争力の確保を目的に、トラックドライバーや倉庫内作業員等の採用専用サイト「大和物流ドライバー・倉庫作業スタッフ採用サイト」を新設しました。

 日本の生産年齢人口が減少する中、物流業界においては4K(きつい・汚い・危険・帰れない)のイメージが強く、求職者からの人気は高くないのが現状です。
 今日では、ロボティクス・自動運転などの技術進歩により、物流の自動化・省人化の取り組みも始まっていますが、事業の業容拡大ならびにサステナブルな会社を実現するためには、多様な人財確保が不可欠であることは、これからも変わりません。

トピックス

株式会社デザインアーク

「ミラノサローネ報告会」全国行脚スタート

「ミラノサローネ報告会」全国行脚スタート

 株式会社デザインアークでは、2011年より世界最大級のインテリア展示会「ミラノサローネ国際家具見本市」に社員が視察に赴き、今年のトレンドやインテリア業界の最新情報を取得し、社内で情報共有しています。
 2015年からは、「社外に向けて率先してトレンドを発信する会社になりたい」との想いから、社外のインテリア・建築業界の方々を対象に「ミラノサローネ報告会」を開催しています。

トピックス

大和物流株式会社

「菰野物流センター」竣工

「菰野物流センター」竣工

 2017年4月27日、三重県三重郡菰野町に鉄骨造平屋建て、延べ床面積8,621㎡の物流施設「菰野物流センター」が完成しました。
 当センターは東名阪自動車道「四日市インターチェンジ」より約7km圏内、2018年に開通する「菰野インターチェンジ」より約3km圏内の好アクセスで、自動車部品関連の荷主様専用に賃貸するBTS型物流施設です。また、3PL(※)で、すべての物流業務を当社が受託します。さらに、屋根面に設置した太陽光発電設備(出力500kw)も稼働し、売電事業による収益アップに貢献します。

※3PL(3rd Party Logistics)
サードパーティ・ロジスティクス。荷主に代わって、最も効率的な物流戦略の企画立案や物流システムの構築について包括的に受託し、実行すること(国土交通省「総合物流施策大綱」より)。
参考:大和物流公式ホームページ「

トピックス

大和ハウス工業株式会社

社内トップレベルの技術者を認定する制度を導入

社内トップレベルの技術者を認定する制度を導入

 大和ハウス工業株式会社は2014年より、技術レベルの高い社員を評価する社内制度「上位技術者認定制度」を導入しています。
 「上位技術者認定制度」は、優れた能力と技術を持つ社員を、その技術力のレベルに応じて「技術主幹」「技監」として認定するものです。現在、約7,000名の社内技術者のうち、14名が「技術主幹」に選ばれていますが、このたび最上位である「技監」に3名が初めて認定されました。

トピックス

大和ハウス工業株式会社

第78期定時株主総会を開催 

第78期定時株主総会を開催 

 大和ハウス工業株式会社は6月29日(木)10時より、ザ・リッツ・カールトン大阪にて、第78期定時株主総会を開催しました。本総会は過去最多となる743名の株主様にご出席いただき、取締役19名の選任等、4個の決議事項は原案どおり可決されました。
 株主様からは今後の成長戦略等について質問があり、大野社長より、コア事業の住宅事業や成長ドライバーに位置付ける賃貸住宅事業・商業施設事業・事業施設事業、今後注力する海外事業の動向や展開について回答しました。

トピックス

大和物流株式会社

流通・小売事業者向けの専門サイト「流通・小売物流.com」を新設

流通・小売事業者向けの専門サイトを新設

 大和物流株式会社は、当社の流通・小売事業者向けの物流サービスを広く知っていただくための専門サイト「流通・小売物流.com(http://retail-logi.com/)」を新設しました。
 当サイトでは、流通・小売事業者向けの物流サービスの紹介はもちろん、当社事例の紹介、流通・小売や物流に関する業界動向、物流のノウハウをまとめたコラム等、流通・小売業界の皆さまにとって有益な物流関連情報を継続的に発信しています。

トピックス

大和ハウス工業株式会社

復興公営住宅を建設

復興公営住宅を建設

 当社は、宮城県気仙沼市において、閉校した気仙沼女子高校の跡地に復興公営住宅「気仙沼市営 魚町入沢住宅」(総戸数59戸)を建設しました。

トピックス

大和ハウス工業株式会社

2018年採用活動 選考開始

2018年採用活動 選考開始

 大和ハウス工業株式会社は、6月1日10時より採用選考を開始しました。初日の選考は東京・大阪の2ヶ所で行い、約150名(大阪:50名、東京100名)の学生が一次面接を受ける予定です。大阪会場には午前の選考に参加する14名の学生が集まり、真剣な表情で人事担当者の説明を受けました。なお、今年の応募者数は約2.4万名です。

【2018年 採用選考計画】
採用数:880名+α<内訳>総合職(営業系)480名、総合職(技術系)400名、事務職 未定
日 程:6月1日〜8月(予定)

トピックス

大和ハウス工業株式会社

環境センサー「ウェザリー」を共同開発し、導入開始

環境センサー「ウェザリー」を共同開発し、導入開始

 大和ハウス工業は、株式会社キッズウェイとともに環境センサー「WETHERY(ウェザリー)」を共同開発し、建設現場への導入を推進しています。

トピックス

大和ハウス工業株式会社

桜を次世代につなぐ活動「Daiwa Sakura Aid」今春10年目突入

桜を次世代につなぐ活動「Daiwa Sakura Aid」今春10年目突入

 毎年約3万本の桜が咲き、訪れる人を魅了する世界遺産・吉野山(奈良県吉野町)。吉野は、大和ハウス工業株式会社の創業者 石橋信夫のゆかりの地でもあります。

 当社は、吉野山を中心に、日本を象徴する花である桜と、これまで大切に受け継がれてきた素晴らしい風景を次世代につなぐ活動「Daiwa Sakura Aid(ダイワ サクラ エイド)」を、2008年度より全国の支社・支店とともに実施しており、今春で10年目に入りました。

トピックス

大和ハウス工業株式会社

2017年3月期決算を発表

2017年3月期決算を発表

 大和ハウス工業株式会社は、2017年5月11日、北浜フォーラム(大阪)において、2017年3月期の決算発表を行いました。
 2017年3月期決算では、相続税対策や訪日外国人の増加、インターネット通販の拡大などによって、賃貸住宅・ホテル・物流施設の建設需要を取り込めたことが要因となり、売上高・営業利益・経常利益・当期純利益において過去最高を更新しました。
 また、これにより大和ハウスグループ「第5次中期経営計画(2016〜2018年度)」の業績目標を上方修正しました。
 今後は、ひき続き成長ドライバーである上記の3セグメントに注力するとともに、コア事業である戸建住宅事業のシェア拡大や海外事業への積極的投資を図り、新たな計画目標の達成を目指します。

トピックス

大和ハウス工業株式会社

第26回「地球環境大賞」授賞式にて表彰

第26回「地球環境大賞」授賞式にて表彰

 フジサンケイグループが主催する第26回「地球環境大賞」において、「ZET(ネット・ゼロ・エネルギー・タウン)(※)の普及・拡大」の取り組みが評価され「国土交通大臣賞」を受賞しました。
※エネルギー消費が正味(ネット)でゼロまたは概ねゼロとなる街

 2017年4月10日、明治記念館(東京都港区)において、秋篠宮同妃両殿下ご臨席のもと授賞式が行われ、社長の大野をはじめ関連部門役職員が出席しました。
 今回の受賞を励みに、今後も地域住民の豊かな住生活を実現する環境配慮型のまちづくりを通じて、持続可能な社会の構築に貢献していきます。

トピックス

大和物流株式会社

「つくばロジスティクスセンター」開設

「つくばロジスティクスセンター」開設

 2017年2月28日、茨城県つくば市に低床及び高床のトラックバースを有する最新鋭の物流施設「つくばロジスティクスセンター」が完成しました。
 当センターは、鉄骨造平屋建て、延べ床面積18,648㎡を誇る大型物流施設で、常磐自動車道「谷田部インターチェンジ」から2km圏内の好アクセスに位置しています。施設内にはリフレッシュルームを完備し、女性が働きやすい職場環境づくりにも配慮しています。

トピックス

大和ハウスグループ

「プレミアムフライデー」への取り組み

「プレミアムフライデー」への取り組み

 大和ハウス工業株式会社では、長時間労働の削減と働き方改革をすすめるなか、2月24日(金)に第1回 大和ハウス工業版「プレミアムフライデー」を実施しました。当日は半日有休の取得による「午後休」を推奨した結果、全日休暇を含め、約5割の社員が通常の勤務時間より早く退社しました。
 また、実施後のアンケート結果をふまえ、第2回となる4月から一部制度を変更し、職種や地域によってより柔軟に対応できるようにします。
 あわせて、導入企業が2月から3月で2倍以上に拡大する中、大和ハウスグループ各社においても、それぞれの業態にあわせた制度で導入をすすめ、効率的な働き方とワークライフバランスの実現に取り組みます。

トピックス

大和ハウスグループ

「建築・建材展2017」に出展

「建築・建材展2017」に出展

 2017年3月7日〜10日、東京ビッグサイトにおいて「建築・建材展2017」(日本経済新聞社主催)が開催され、大和ハウスグループからは、株式会社デザインアーク、大和リース株式会社、大和ハウス工業株式会社がそれぞれ出展しました。

トピックス

大和ハウスグループ

大和ハウスグループ 新入社員1,558名が入社

大和ハウスグループ 新入社員1,558名が入社

 2017年4月、大和ハウスグループに総勢1,558名の新入社員が入社しました。
 4月3日に大和ハウス大阪ビルおよび東京ビルで開催された大和ハウス工業の入社式において、樋口会長は「志を持つことで困難も乗り越えられる、夢に向かってチャレンジしてほしい」と述べ、大野社長は「地道に努力し、自分の枠に囚われずに様々な経験を積むことで『人間力』を磨いてほしい」と述べました。
 大和ハウスグループは新戦力とともに、さらなる飛躍を図ります。

トピックス

株式会社コスモスイニシア

『コスモスイニシア Jr.カップ』第10回記念大会閉幕

『コスモスイニシア Jr.カップ』第10回記念大会閉幕

 株式会社コスモスイニシアは、2007年より小学校4年生以下の児童を対象とした野球大会『コスモスイニシアJr.カップ』に協賛しています。
 2016年度に開催された第10回記念大会では28チームに参加いただき、白熱した試合が繰り広げられました。

ニュースルームとは


このページの先頭へ