大和ハウスグループの歴史(1980年代)|会社情報 About Us|大和ハウスグループ

大和ハウスグループの歴史

1980年代

1980 昭和55年
  • ホームセンター事業に着手、ランバー奈良店(現ロイヤルホームセンター奈良店)オープン [→詳細]
  • 大和工商リース(株)(現 大和リース(株))、大阪証券取引所第一部市場に上場
1981 昭和56年
  • パネル軸組併用構法による「ダイワハウスGシリーズ」開発、企画提案型住宅「ルグラン チムニーのある家」発売
  • 大和工商リース(株)(現 大和リース(株))、東京証券取引所第一部市場に上場
1982 昭和57年
  • 業界初、対話型自動設計システム(CADNET)導入
  • 集合住宅部門を専門化、営業所を全国へ
  • Gシリーズ構法による高級賃貸住宅「パレーシャル」発売
1983 昭和58年
1984 昭和59年
  • 中国(上海市)に駐在員事務所開設
1985 昭和60年
  • 創業30周年記念商品として「ルグラン フリーシステム」など発売
1986 昭和61年
  • 大和情報サービス(株)設立
  • 奈良工場内に技術の変遷などを展示した「大和ハウス工業30周年記念科学館」開館
  • 中国において外国人向け賃貸住宅「上海虹橋別墅(ホンチャオヴィラ)」開業
1987 昭和62年
  • オーストラリアに分譲マンション事業を行う「ダイワハウスオーストラリア」設立
1988 昭和63年
1989 平成元年
  • 新時代の医療・介護事業をトータルにサポートする「シルバーエイジ研究所」発足
  • 大和リビング(株)設立
  • H型鋼を柱・梁に用いた、鉄骨構造の無溶接構法(DNS)開発
ランバー奈良店
ルグラン チムニーのある家
ルグラン フリーシステム
上海虹橋別墅(ホンチャオヴィラ)
大連民航大厦(大連ロイヤルホテル)

このページの先頭へ