大和ハウスグループの歴史

1960年代

1960 昭和35年
  • 本社を大阪市西成区に移転
  • 大阪府堺市に当社初の本格的工場(堺工場)開設
1961 昭和36年
  • わが国初の本格的民間デベロッパー「大和団地(株)」創業
  • 大阪証券取引所第一部市場に上場、ひきつづき東京・名古屋にも上場
  • シンガポールに合弁会社「大和マラヤ(馬来亜)有限公司」設立
1962 昭和37年
  • 「ダイワロッジ」発売。事務所、倉庫、移動教室に採用
  • パネル式プレハブ住宅「ダイワハウスA型」発売。住宅金融公庫融資対象住宅として最初の認定登録
  • 大和団地(株)が「羽曳野ネオポリス」(大阪府)を開発。住宅ローンの先駆けとなる「住宅サービスプラン((株)住友銀行と開発)」付きで発売 [→詳細]
  • 大型空間建築の先駆けとして鋼管を活かした独自のシェル構法を開発、単管シェルを商品化
  • 千里ニュータウン(大阪府)に公共団体の戸建分譲住宅としてはじめて「ダイワハウスA型」を建設
1963 昭和38年
  • わが国初の鋼管併用による横断歩道橋「大阪駅前交通安全陸橋」を川崎製鐵(株)と共同で寄贈 [→詳細]
  • 住宅市場の拡大ニーズに応え、2階建プレハブ住宅などを発売
  • 東京支店に海外課を設置
  • 社員教育用冊子「わが社の行き方」刊行
1964 昭和39年
  • タイに合弁会社「大和ハウス秦国両合公司」設立
1965 昭和40年
  • わが国初のプレハブ住宅専門工場(奈良工場)開設
  • プレハブシェル「ダイワシェル」発売
1967 昭和42年
  • モジュールや屋根勾配などの改良を加えた「ダイワハウスB型」発売
  • 本社を大阪市西区阿波座に移転
1968 昭和43年
  • 準低温米殻倉庫「ダイワエンターローリー」を全国展開、米殻倉庫市場を席捲
1969 昭和44年
  • 当社単独による初の大規模都市開発「緑が丘ネオポリス」販売開始
ダイワロッジ
ダイワハウスA型
大阪駅前交通安全陸橋
奈良工場
緑が丘ネオポリス

このページの先頭へ